第7回 IoTセキュリティフォーラム 2022 オンライン
第7回 IoTセキュリティフォーラム 2022 オンライン
  1. 視聴セッションの選択
  2. 個人情報の取扱いについて
  3. 個人情報の入力
  4. 登録内容の確認
  5. 事前登録完了
視聴セッションの選択

本イベントはオンラインLIVE配信にてご提供いたします。

視聴したいセッションの『視聴を申し込む』にチェックを入れて、ページ下部の『次へ進む』ボタンを押してください。

9/1(木) 09:30-10:30

※K1は、セット申し込みとなります。K1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

  • 09:30-10:20
  • K1
  • 基調講演

    未解決IoTサイバーフィジカルセキュリティ課題とその解決に向けた展望

    横浜国立大学
    大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
    教授
    松本 勉

    K1 09:30-10:20

    基調講演

    未解決IoTサイバーフィジカルセキュリティ課題とその解決に向けた展望

    講師写真
    • 横浜国立大学
    • 大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
    • 教授
    • 松本 勉
    講師プロフィール

    1986年3月東京大学大学院博士課程修了、2001年4月より現職。2018年11月より産業技術総合研究所サイバーフィジカルセキュリティ研究センター長。1982年に「明るい暗号研究会」を4名で創設。以来、情報・物理セキュリティの理論からソフトウェア・ハードウェア面にいたる広範囲の研究と教育に従事。ASIACRYPT、暗号と情報セキュリティシンポジウムSCIS、バイオメトリクス研究会BioX、ハードウェアセキュリティ研究会HWS、CRYPTREC、各種セキュリティ評価認証制度等の創設に貢献。

    セッション概要

    IoTセキュリティフォーラムを2015年から開始したが、解決されたあるいは解決の目途のたった課題がある一方で、未解決の課題も続々と把握されている。解決が望まれるサイバーフィジカルセキュリティ課題の解決に向けて皆様と一緒に考えるきっかけをご提供する。

    ※K1は、セット申し込みとなります。K1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

    • 10:20-10:30
    • K1-QA
    • Q&A

      K1ブロックに関するQ&Aセッション

      K1-QA 10:20-10:30

      Q&A

      K1ブロックに関するQ&Aセッション

      セッション概要

      9/1(木) 10:50-12:05

      ※A1-1とA1-2は、セット申し込みとなります。A1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

      • 10:50-11:20
      • A1-1
      • 招待講演

        IoTセキュリティに関する政策動向について

        経済産業省
        商務情報政策局サイバーセキュリティ課
        課長
        奥田 修司

        A1-1 10:50-11:20

        招待講演

        IoTセキュリティに関する政策動向について

        講師写真
        • 経済産業省
        • 商務情報政策局サイバーセキュリティ課
        • 課長
        • 奥田 修司 氏
        講師プロフィール

        大阪府出身。平成11年通商産業省(現経済産業省)入省。エネルギー政策、技術政策などを主に担当し、東日本大震災以降は、福島復興に関係する仕事も多く手掛けている。令和3年7月から現職。「デジタル」前提の経済社会におけるサイバー脅威への対応(産業界のサプライチェーン全体でのセキュリティ対策の促進など)を担当。

        セッション概要

        サイバー空間とフィジカル空間の融合による新たなリスクへの対応を図るため、経済産業省では、IoTセキュリティ・セイフティ・フレームワークを公開するなど、この二つの空間のつながりの信頼性を確保するための様々な取組を進めてきている。本講演では、SBOMの実証やIoT機器の検証事業などを含めて、一連のIoTセキュリティ関連政策の最新動向について紹介する。

        ※B1-1とB1-2は、セット申し込みとなります。B1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

        • 10:50-11:20
        • B1-1
        • 招待講演

          安心・安全な5Gの実現に向けた5Gセキュリティガイドラインの策定

          株式会社KDDI総合研究所
          サイバーセキュリティグループ
          グループリーダー
          窪田 歩

          B1-1 10:50-11:20

          招待講演

          安心・安全な5Gの実現に向けた5Gセキュリティガイドラインの策定

          講師写真
          • 株式会社KDDI総合研究所
          • サイバーセキュリティグループ
          • グループリーダー
          • 窪田 歩 氏
          講師プロフィール

          1995年国際電信電話株式会社(現KDDI)入社。IPネットワークやサイバーセキュリティに関する調査、研究開発に従事。現在、株式会社KDDI総合研究所サイバーセキュリティグループのグループリーダーとして、攻撃/異常検知技術、認証技術、5G/B5Gセキュリティ等の研究開発を指揮。

          セッション概要

          5G仕様上のセキュリティ面での強化ポイントと、実際に5Gシステムを構築・運用する際に懸念される脅威について解説し、令和元年度から3年度にかけて実施された総務省事業において5G SA(Stand Alone)にフォーカスして作成された「5Gセキュリティガイドライン 第1版」の内容について紹介する。

          ※A1-1とA1-2は、セット申し込みとなります。A1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

          • 11:20-11:50
          • A1-2
          • 特別講演

            ソフトウェア部品表の実践方法とソフトウェアサプライチェーンの課題

            日本シノプシス合同会社
            ソフトウェア・インテグリティ・グループ
            シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャ
            松岡 正人

            A1-2 11:20-11:50

            特別講演

            ソフトウェア部品表の実践方法とソフトウェアサプライチェーンの課題

            講師写真
            • 日本シノプシス合同会社
            • ソフトウェア・インテグリティ・グループ
            • シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャ
            • 松岡 正人 氏
            講師プロフィール

            新潟県立長岡工業高校電気科卒。
            組込み含む元ソフトウェア開発者。主に制御システムや組込みソフトウェア開発を中心と
            した開発現場を経験したのち外資系で組込み開発、サイバーセキュリティビジネスに携わ
            る。
            JNSA IoT セキュリティWG リーダー
            セキュリティ・キャンプ講師
            サイバー・フィジカル・セキュリティ確保に向けたソフトウェア管理手法等検討タスク
            フォース メンバー
            【著作】
            ・JNSA 「コンシューマ向けIoT セキュリティガイド」など

            セッション概要

            米国大統領令 EO14028で大きく取り上げられた「ソフトウェアサプライチェーン」の課題を解決するための手段について、セキュリティを含むソフトウェア品質を担保するための、既存のソフトウェアおよびセキュリティテストの技術を用いるだけでなく、ソフトウェアを構成する部品を明示するSBOMが取り上げられており、同時にソフトウェア・コンポジション解析ツール(SCA)についても言及されている。本セッションでは、SBOMの目的とSCAとの関係、これらを運用するための基本的な考え方と技術的な課題について議論する。

            ※B1-1とB1-2は、セット申し込みとなります。B1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

            • 11:20-11:50
            • B1-2
            • 特別講演

              分散クラウドを用いた安全かつ効率的なIoTデバイスの管理とアプリケーション配信

              F5ネットワークスジャパン合同会社
              セールススペシャリスト
              樋口 智幸

              B1-2 11:20-11:50

              特別講演

              分散クラウドを用いた安全かつ効率的なIoTデバイスの管理とアプリケーション配信

              講師写真
              • F5ネットワークスジャパン合同会社
              • セールススペシャリスト
              • 樋口 智幸 氏

              セッション概要

              今後も更なる成長が見込まれるIoT市場において、IoTデバイスの管理はもちろんのこと、アプリケーションの配信や通信も安全かつ効率的に行う必要がある。本セッションでは、これらの課題を解決する分散クラウド型IoTプラットフォームの作り方と運用方法についてご紹介する。

              ※A1-1とA1-2は、セット申し込みとなります。A1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

              • 11:50-12:05
              • A1-QA
              • Q&A

                A1ブロックに関するQ&Aセッション

                A1-QA 11:50-12:05

                Q&A

                A1ブロックに関するQ&Aセッション

                セッション概要

                ※B1-1とB1-2は、セット申し込みとなります。B1ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                • 11:50-12:05
                • B1-QA
                • Q&A

                  B1ブロックに関するQ&Aセッション

                  B1-QA 11:50-12:05

                  Q&A

                  B1ブロックに関するQ&Aセッション

                  セッション概要

                  9/1(木) 13:00-14:15

                  ※A2-1とA2-2は、セット申し込みとなります。A2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                  • 13:00-13:30
                  • A2-1
                  • 招待講演

                    国内における IoT ボットネットの攻撃活動について

                    株式会社インターネットイニシアティブ
                    セキュリティ本部
                    セキュリティ情報統括室長
                    根岸 征史

                    A2-1 13:00-13:30

                    招待講演

                    国内における IoT ボットネットの攻撃活動について

                    講師写真
                    • 株式会社インターネットイニシアティブ
                    • セキュリティ本部
                    • セキュリティ情報統括室長
                    • 根岸 征史 氏
                    講師プロフィール

                    外資系ベンダ等で、ネットワーク構築、セキュリティ監査、セキュリティコンサルティングなどに従事。2003年IIJ Technologyに入社、セキュリティサービスの責任者として、セキュリティ診断など数多くの案件を担当。現在はIIJのセキュリティインシデント対応チームに所属し、主にセキュリティ情報の収集、分析、対応にあたっている。2007年よりSANSトレーニングコースのインストラクター、2012年より OWASP Japan Advisory Boardのメンバーでもある。

                    セッション概要

                    IIJ では2007年からハニーポットによるマルウェア観測を継続しており、近年は特にIoT機器を狙うボットの活動について、重点的に調査・分析を行っている。本講演ではハニーポットなどから得られた観測データをもとに、国内におけるIoTボットネットによる攻撃活動の現状、観測手法や対策における課題等について紹介する。

                    ※B2-1とB2-2は、セット申し込みとなります。B2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                    • 13:00-13:30
                    • B2-1
                    • 招待講演

                      製造現場のインテリジェント化を加速する相互運用標準 OPC UA - 特徴と適用事例

                      オムロン株式会社
                      コントローラ事業部 新プラットフォーム推進G
                      岡 実

                      B2-1 13:00-13:30

                      招待講演

                      製造現場のインテリジェント化を加速する相互運用標準 OPC UA - 特徴と適用事例

                      講師写真
                      • オムロン株式会社
                      • コントローラ事業部 新プラットフォーム推進G
                      • 岡 実 氏
                      講師プロフィール

                      制御機器・PLCのプロダクトマネージャとして、商品企画・マーケティングに従事。特に、製造現場のIoT化・デジタル化によるモノづくり革新に注力。

                      日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長
                      IoTプロフェッショナルコーディネーター、DXビジネス検定 エキスパートレベル。

                      セッション概要

                      OPC UA(IEC 62541)は、製造分野における相互運用の国際標準として注目を集め、製造現場などのOT領域で普及が進んでいる。また、クラウド・サプライチェーンなどのIT領域にも拡がりはじめようとしている。本講演ではOPC UAの特徴と、製造現場での適用事例、さらにクラウド・サプライチェーンへの拡がりなどの最新状況を紹介する。

                      ※A2-1とA2-2は、セット申し込みとなります。A2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                      • 13:30-14:00
                      • A2-2
                      • 特別講演

                        IoTセキュリティ法規・標準と応用例 ~セキュリティ攻撃への防御機能~
                        Cyber Security Act and latest development in Europe

                        SGSジャパン株式会社
                        C&P Connectivity Functional Safety
                        プロジェクトマネージャー
                        河野 喜一
                        SGS Brightsight
                        Cooperate
                        COO Asia
                        Kai-Fan Chang

                        A2-2 13:30-14:00

                        特別講演

                        IoTセキュリティ法規・標準と応用例 ~セキュリティ攻撃への防御機能~
                        Cyber Security Act and latest development in Europe

                        講師写真
                        • SGSジャパン株式会社
                        • C&P Connectivity Functional Safety
                        • プロジェクトマネージャー
                        • 河野 喜一 氏
                        講師プロフィール

                        1992年よりセキュリティ機能を含む産業機器・鉄道システム・携帯電話開発に従事した後、製造業向けの開発プロセス改善・MBD適用支援、及び、セキュリティ機能を含むALMツール適用支援に従事。
                        2013年よりSGSジャパンに入社し、機能安全・セキュリティ規格適用支援・認証業務を担当。

                        講師写真
                        • SGS Brightsight
                        • Cooperate
                        • COO Asia
                        • Kai-Fan Chang 氏
                        講師プロフィール

                        Kai-Fan Chang is the COO Asia of SGS Brightsight who is in charge of the operation and business of SGS Brightsight in Asia. Kai-Fan has a Master of Science degree in Electrical Engineering and a Master degree in Business Administration. Kai-Fan has more than 16 years of experience working in security evaluation industry and worked as an evaluator, consultant, and strategist.

                        セッション概要

                        ここ数年、様々なIoTセキュリティに関する法規が発効されている。これらのセキュリティ法規では、ISO/IECなどの標準規格を参照していることもあり、全体像の把握も難しくなってきている。
                        本セッションでは、航空機、医療機器、自動車、産業機器のIoTセキュリティ法規・標準規格について紹介するとともに、セキュリティ攻撃事例の対策となる法規・標準規格で要求されるセキュリティ機能について紹介する。

                        ※B2-1とB2-2は、セット申し込みとなります。B2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                        • 13:30-14:00
                        • B2-2
                        • 特別講演
                          • ゼロトラスト
                          • シャドーIT
                          • 可視化

                        IoTをシャドーITにしない!! IoTにおけるゼロトラストネットワークの実現

                        パロアルトネットワークス株式会社
                        技術本部
                        ソリューションズアーキテクト
                        今岡 誠

                        B2-2 13:30-14:00

                        特別講演

                        IoTをシャドーITにしない!! IoTにおけるゼロトラストネットワークの実現

                        講師写真
                        • パロアルトネットワークス株式会社
                        • 技術本部
                        • ソリューションズアーキテクト
                        • 今岡 誠 氏
                        講師プロフィール

                        外資系大手通信機器メーカーのネットワークエンジニアとして、企業、社会インフラ、公共、通信キャリア向けのネットワーク、セキュリティ、サービスインフラの提案、構築・運用支援に従事。パロアルトネットワークス株式会社においては、ソリューションズアーキテクトとして主にプライベートクラウド、パブリッククラウド、SASE、IT/OTにおけるセキュリティデザイン支援、技術サポートに従事。

                        セッション概要

                        今日の企業においては、業種、業界を問わず、監視カメラ、センサー、制御装置などの様々なIoT機器が活用されている。これらの機器の管理は難しくシャドーITのひとつとなることもある。活用による様々なメリットの反面、セキュリティリスクが増大する要因となっている。これらのIoT機器は従来のセキュリティ対策が難しく新しいセキュリティの仕組みが必要不可欠だ。このセッションでは、急増する企業内のIoT機器に対して、次世代のIoTセキュリティのあり方について紹介する。

                        ※A2-1とA2-2は、セット申し込みとなります。A2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                        • 14:00-14:15
                        • A2-QA
                        • Q&A

                          A2ブロックに関するQ&Aセッション

                          A2-QA 14:00-14:15

                          Q&A

                          A2ブロックに関するQ&Aセッション

                          セッション概要

                          ※B2-1とB2-2は、セット申し込みとなります。B2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                          • 14:00-14:15
                          • B2-QA
                          • Q&A

                            B2ブロックに関するQ&Aセッション

                            B2-QA 14:00-14:15

                            Q&A

                            B2ブロックに関するQ&Aセッション

                            セッション概要

                            9/1(木) 14:30-14:50
                            • 14:30-14:50
                            • A3
                            • ソリューション講演

                              車両に対するセキュリティ評価・運用(仮)

                              株式会社NDIAS
                              自動車セキュリティ事業部
                              主任セキュリティコンサルタント
                              高橋 和晃

                              A3 14:30-14:50

                              ソリューション講演

                              車両に対するセキュリティ評価・運用(仮)

                              講師写真
                              • 株式会社NDIAS
                              • 自動車セキュリティ事業部
                              • 主任セキュリティコンサルタント
                              • 高橋 和晃 氏
                              講師プロフィール

                              2012年野村総合研究所入社して、NRIセキュアに出向。自社開発であるファイル転送・共有製品であるクリプト便の製品開発・運用・プロダクトマネジメントを担当。2021年に株式会社NDIASに出向して車両ECUに対するセキュリティ評価、IoTセキュリティ/Out-Carサービスセキュリティのコンサルティング業務等、自動車のセキュリティに関する幅広い業務に携わる。

                              セッション概要

                              近年、車両の安全性を確保する上で、車両へのサイバーセキュリティ対策が必須となってきている。
                              サイバーセキュリティ対策の技術に関しては、インターネットを介したソフトウェアの更新機能等、高度化する車両の機能に応じて必要な知識の範囲が広くなっており、普段セキュリティに慣れ親しんでいない担当者が適切に対策・評価をするのは難しいと考えられる。
                              本セッションでは、当社が提供する車両ECU評価サービス等をベースにして、セキュリティ評価・運用を行う方法を解説する。

                              • 14:30-14:50
                              • B3
                              • ソリューション講演

                                IoT/OTデバイスに求められるセキュリティ対策とは

                                日本電気株式会社
                                デジタルネットワーク事業部門 兼 テクノロジーサービス部門 サイバーセキュリティ事業統括部
                                シニアプロフェッショナル(サイバーセキュリティ)
                                桑田 雅彦

                                B3 14:30-14:50

                                ソリューション講演

                                IoT/OTデバイスに求められるセキュリティ対策とは

                                講師写真
                                • 日本電気株式会社
                                • デジタルネットワーク事業部門 兼 テクノロジーサービス部門 サイバーセキュリティ事業統括部
                                • シニアプロフェッショナル(サイバーセキュリティ)
                                • 桑田 雅彦 氏
                                講師プロフィール

                                25年以上にわたり、サイバーセキュリティ関連業務に従事。
                                当初の専門領域は、ID/アクセス管理、認証/認可(アクセス制御)のソフトウェア技術。
                                その後、サイバーセキュリティ全体へ守備範囲を拡張。
                                最近7年ほどは、IoT/OT及びローカル5Gシステム向けセキュリティ対策の企画/開発/提案を推進。
                                Edgecrossコンソーシアム-東京大学GUTP合同/工場セキュリティWGのリーダを務め、
                                工場セキュリティガイドラインのエディタ及び主要執筆者。
                                経済産業省 産業サイバーセキュリティ研究会 WG1 工場SWG 委員。

                                セッション概要

                                自動車やドローンなどのモビリティ、ロボット、FA機器、医療機器、監視カメラなど、様々なIoT/OTデバイスの導入/活用により、モノにかかわるDX(Digital Transformation)が急速に進展しつつある中、IoT/OTデバイスにかかわるセキュリティリスクが増大し、その対策が急務となっている。
                                IoT/OTデバイスに求められるセキュリティ対策とはどのようなものか、その課題は何かを解説し、IoT/OTデバイスの特性/制約に適用可能なセキュリティ対策製品の最新情報を提供するとともに、そのユースケースを紹介する。

                                9/1(木) 15:05-16:20

                                ※A4-1とA4-2は、セット申し込みとなります。A4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                • 15:05-15:35
                                • A4-1
                                • 招待講演

                                  IIoT Value Chain Security- Chain of Trust for Organizations and Products -
                                  サプライチェーンにおける組織とモノのトラストのあり方について

                                  ロボット革命・産業IoT イニシアティブ協議会 産業セキュリティアクショングループ /株式会社 東芝
                                  技術企画部 サイバーセキュリティセンター
                                  参事
                                  古川 文路

                                  A4-1 15:05-15:35

                                  招待講演

                                  IIoT Value Chain Security- Chain of Trust for Organizations and Products -
                                  サプライチェーンにおける組織とモノのトラストのあり方について

                                  講師写真
                                  • ロボット革命・産業IoT イニシアティブ協議会 産業セキュリティアクショングループ /株式会社 東芝
                                  • 技術企画部 サイバーセキュリティセンター
                                  • 参事
                                  • 古川 文路 氏
                                  講師プロフィール

                                  2019年東芝入社、サイバーフィジカルシステムのソリューション開発の推進、サイバーセキュリティ教育、訓練の開発や国内外のプロモーションに従事。前職は経済産業省に在籍。サイバーセキュリティ課所属時、RRIと、ドイツPI4の産業サイバーセキュリティの協力枠組みを立ち上げる。その後、東芝でRRIのメンバーとして日独連携に従事する。

                                  セッション概要

                                  RRI(ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会)と ドイツPlattform Industrie4.0は、これまで産業セキュリティ分野について議論をしてた。この春にサプライチェーンにおける組織とモノのトラストのあり方について、ホワイトペーパーを日独でまとめ、今年5月末にドイツで開催されたハノーバーメッセでPI4とプレゼンした内容を中心に紹介する。

                                  ※B4-1とB4-2は、セット申し込みとなります。B4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                  • 15:05-15:35
                                  • B4-1
                                  • 招待講演

                                    PSIRTのこれまでとこれから

                                    パナソニック ホールディングス株式会社
                                    テクノロジー本部 製品セキュリティセンター 製品セキュリティグローバル戦略部
                                    部長
                                    中野 学

                                    B4-1 15:05-15:35

                                    招待講演

                                    PSIRTのこれまでとこれから

                                    講師写真
                                    • パナソニック ホールディングス株式会社
                                    • テクノロジー本部 製品セキュリティセンター 製品セキュリティグローバル戦略部
                                    • 部長
                                    • 中野 学 氏
                                    講師プロフィール

                                    2006年に横浜国立大学 博士課程 修了(情報学博士)
                                    その後、 (独)情報処理推進機構において、家電・自動車・医療機器等の組込みデバイス、インフラ・工場等の制御システム等のセキュリティ調査・普及啓発活動に従事。
                                    2016年4月にパナソニックに転職し、国内外の製品セキュリティ強化に向けた課題解決、方針策定等を担当、Panasonic-PSIRTメンバも務める

                                    セッション概要

                                    現在ではコンシューマ製品からB2B製品、IoT機器からシステムまで、様々なところでセキュリティ確保が必要となっている。結果として、メーカに対しても様々な取り組みを求められているのが現状である。
                                    本セッションでは現在のパナソニックにおける製品セキュリティ確保に向けた活動を紹介すると共に、課題やこれからの施策について紹介する。

                                    ※A4-1とA4-2は、セット申し込みとなります。A4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                    • 15:35-16:05
                                    • A4-2
                                    • 特別講演
                                      • ゼロトラスト
                                      • IoTシステムの信頼の基点
                                      • コネクターシステム

                                    IoTシステムの「信頼の基点」SCUを実装した、コネクターシステムの提案

                                    株式会社SCU
                                    代表取締役
                                    植村 泰佳

                                    A4-2 15:35-16:05

                                    特別講演

                                    IoTシステムの「信頼の基点」SCUを実装した、コネクターシステムの提案

                                    講師写真
                                    • 株式会社SCU
                                    • 代表取締役
                                    • 植村 泰佳 氏
                                    講師プロフィール

                                    1952年 東京生まれ
                                    1977年 慶應義塾大学文学部哲学科卒
                                    1977年-1994年 サッポロビール株式会社
                                    2000年 電子商取引安全技術研究組合を設立
                                    常務理事、専務理事、理事長を経て
                                    2022年 電子商取引安全技術研究組合を改組
                                    株式会社SCU代表取締役

                                    講師写真

                                    セッション概要

                                    当社は、SIP第2期「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/IoT社会に対応した
                                    サイバー・フィジカル・セキュリティ/(A1)IoTサプライチェーンの信頼の創出技術基盤の研究開発」の研究成果を事業化するため、2022年8月4日技術研究組合法に基づいて電子商取引安全技術研究組合を改組し、新たに事業会社として発足したものです。このセッションでは、今日殆ど無防備に運用されているIoTシステムのとくにセンサ-・アクチュエーターデバイス周辺の下位レイヤーにおける情報セキュリティのソリューションを提案致します。

                                    ※B4-1とB4-2は、セット申し込みとなります。B4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                    • 15:35-16:05
                                    • B4-2
                                    • 特別講演

                                      製品サイバーセキュリティ実態調査~製品セキュリティ最新動向と今後の展望

                                      PwCコンサルティング合同会社
                                      テクノロジー & デジタル コンサルティング
                                      マネージングディレクター
                                      林 彦博

                                      B4-2 15:35-16:05

                                      特別講演

                                      製品サイバーセキュリティ実態調査~製品セキュリティ最新動向と今後の展望

                                      講師写真
                                      • PwCコンサルティング合同会社
                                      • テクノロジー & デジタル コンサルティング
                                      • マネージングディレクター
                                      • 林 彦博 氏
                                      講師プロフィール

                                      15年以上にわたり製品セキュリティ分野を主に専門とし、IoTデバイスのセキュリティテスト手法・リスクアセスメントの考案・展開、製品セキュリティ基準規定・ガイドラインなどの策定、グローバル製品セキュリティ体制の構築、製品を中心とした製品セキュリティインシデント対応体制(PSIRT)の構築などの経験を有している。Blackhat・ CODEBLUE・ SAS・各国政府ラウンドテーブルなどにも多数登壇。HITCONやHITB(Hack In The Box)のレビュボードメンバーとしてセキュリティコミュニティにも貢献している。また、日本の製造業での製品セキュリティおよびPSIRT活動の第一人者として2018年(ISC)² ISLA(Information Security Leadership Achievement)APAC Senior Information Security Professional 2018 Showcased Honoree および Community Service Star 受賞

                                      セッション概要

                                      PwCコンサルティングでは、2022年4月に製品セキュリティを推進している企業に対して、セキュリティ対策状況について調査を実施した。本セミナーでは本調査結果の解説とともに、製品セキュリティの最新動向と今後期待されるPSIRT高度化/SBOMなどの最新セキュリティ施策について解説する。

                                      ※A4-1とA4-2は、セット申し込みとなります。A4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                      • 16:05-16:20
                                      • A4-QA
                                      • Q&A

                                        A4ブロックに関するQ&Aセッション

                                        A4-QA 16:05-16:20

                                        Q&A

                                        A4ブロックに関するQ&Aセッション

                                        セッション概要

                                        ※B4-1とB4-2は、セット申し込みとなります。B4ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                        • 16:05-16:20
                                        • B4-QA
                                        • Q&A

                                          B4ブロックに関するQ&Aセッション

                                          B4-QA 16:05-16:20

                                          Q&A

                                          B4ブロックに関するQ&Aセッション

                                          セッション概要

                                          9/2(金) 09:30-10:30

                                          ※K2は、セット申し込みとなります。K2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                          • 09:30-10:20
                                          • K2
                                          • 基調講演

                                            脅威動向分析とユーザスタディに基づくIoT機器のサイバー公衆衛生(ハイジーン)向上

                                            横浜国立大学
                                            大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                            准教授
                                            吉岡 克成

                                            K2 09:30-10:20

                                            基調講演

                                            脅威動向分析とユーザスタディに基づくIoT機器のサイバー公衆衛生(ハイジーン)向上

                                            講師写真
                                            • 横浜国立大学
                                            • 大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                            • 准教授
                                            • 吉岡 克成
                                            講師プロフィール

                                            2005年より(独)情報通信研究機構にてインシデント対策センターNICTERの研究開発に従事。2008年より横浜国立大学にてサイバーセキュリティ研究開発を開始。2009年文部科学大臣表彰。総務省「国際連携によるサイバー攻撃の予知即応技術の研究開発」「電波の有効利用のための IoT マルウェア無害化/無機能化技術等に関する研究開発」他、プロジェクトに多数参画。博士(工学)。

                                            セッション概要

                                            脆弱なIoT機器を狙うサイバー攻撃が増加、多様化している。本講演では、最新の脅威動向の分析と、注意喚起活動等を通じたユーザスタディに基づくサイバー公衆衛生(ハイジーン)向上の取り組みについて説明する。

                                            ※K2は、セット申し込みとなります。K2ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                            • 10:20-10:30
                                            • K2-QA
                                            • Q&A

                                              K2ブロックに関するQ&Aセッション

                                              K2-QA 10:20-10:30

                                              Q&A

                                              K2ブロックに関するQ&Aセッション

                                              セッション概要

                                              9/2(金) 10:50-12:05

                                              ※A5-1とA5-2は、セット申し込みとなります。A5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                              • 10:50-11:20
                                              • A5-1
                                              • 招待講演

                                                総務省におけるIoTセキュリティ施策

                                                総務省
                                                サイバーセキュリティ統括官室
                                                参事官
                                                酒井 雅之

                                                A5-1 10:50-11:20

                                                招待講演

                                                総務省におけるIoTセキュリティ施策

                                                講師写真
                                                • 総務省
                                                • サイバーセキュリティ統括官室
                                                • 参事官
                                                • 酒井 雅之 氏
                                                講師プロフィール

                                                1998年に郵政省(現総務省)入省。内閣サイバーセキュリティセンター企画官、総務省サイバーセキュリティ推進室調査官、内閣府総合科学イノベーション推進会議企画官、総務省サイバーセキュリティ・情報化推進室長等を経て今年7月より現職。

                                                セッション概要

                                                政府のサイバーセキュリティ政策と関連する総務省施策について、特にIoTセキュリティに関するものを中心に最近の動向を紹介する。

                                                ※B5-1とB5-2は、セット申し込みとなります。B5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                • 10:50-11:20
                                                • B5-1
                                                • 招待講演

                                                  IoTセキュリティ - ユーザからの期待と政府や産業界の役割 (仮)

                                                  学校法人東海大学
                                                  情報通信学部
                                                  教授・学部長
                                                  三角 育生

                                                  B5-1 10:50-11:20

                                                  招待講演

                                                  IoTセキュリティ - ユーザからの期待と政府や産業界の役割 (仮)

                                                  講師写真
                                                  • 学校法人東海大学
                                                  • 情報通信学部
                                                  • 教授・学部長
                                                  • 三角 育生 氏
                                                  講師プロフィール

                                                  1987年(通商産業省入省)から2020年(7月退官)まで行政において主としてサイバーセキュリティ政策、安全保障貿易審査などに携わり、例えば、サイバーセキュリティ基本法制定・改正やサイバーセキュリティ戦略の立案、日本年金機構事件等の重大事象への対応などに従事した。2022年4月から現職。元内閣サイバーセキュリティセンター副センター長、経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官。博士(工学)、MA in Management。

                                                  セッション概要

                                                  デジタル化社会では、重要インフラや製造業をはじめ経済社会の様々な場面でIoT機器等が量的、質的に一層浸透していくと予想される。経済社会においてイノベーションを促進し効率性を高めるなどの便益が増大するが、サイバーセキュリティリスクも高まる。そうした社会においてユーザは何を期待するか、また、それに対応するために政府や産業界などは何を行っていくべきか、行政経験などを踏まえて概説する。

                                                  ※A5-1とA5-2は、セット申し込みとなります。A5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                  • 11:20-11:50
                                                  • A5-2
                                                  • 特別講演

                                                    Coming soon

                                                    デロイト トーマツ サイバー合同会社
                                                    パートナー
                                                    プラサド アナンド ラガワ

                                                    A5-2 11:20-11:50

                                                    特別講演

                                                    Coming soon

                                                    講師写真
                                                    • デロイト トーマツ サイバー合同会社
                                                    • パートナー
                                                    • プラサド アナンド ラガワ 氏
                                                    講師プロフィール

                                                    大手通信企業のCISOとして、エンタープライズおよびモバイルネットワークのセキュリティ(4G、5G、IoT、クラウド、デバイス、 IT、SOC、GRC、アシュアランスなど)の設計から導入、運用に至るまで、あらゆる側面を統括。また、3GPP SA3の議長を務め、特に5Gセキュリティの標準化を主導。
                                                    2021年にデロイト トーマツ サイバー合同会社入社。ネットワークおよび包括的なセキュリティ活動を主導。

                                                    セッション概要

                                                    ※B5-1とB5-2は、セット申し込みとなります。B5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                    • 11:20-11:50
                                                    • B5-2
                                                    • 特別講演

                                                      Coming soon

                                                      サイバートラスト株式会社
                                                      新規ビジネス開発統括 IoT技術本部
                                                      本部長
                                                      岸田 茂晴

                                                      B5-2 11:20-11:50

                                                      特別講演

                                                      Coming soon

                                                      講師写真
                                                      • サイバートラスト株式会社
                                                      • 新規ビジネス開発統括 IoT技術本部
                                                      • 本部長
                                                      • 岸田 茂晴 氏

                                                      セッション概要

                                                      ※A5-1とA5-2は、セット申し込みとなります。A5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                      • 11:50-12:05
                                                      • A5-QA
                                                      • Q&A

                                                        A5ブロックに関するQ&Aセッション

                                                        A5-QA 11:50-12:05

                                                        Q&A

                                                        A5ブロックに関するQ&Aセッション

                                                        セッション概要

                                                        ※B5-1とB5-2は、セット申し込みとなります。B5ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                        • 11:50-12:05
                                                        • B5-QA
                                                        • Q&A

                                                          B5ブロックに関するQ&Aセッション

                                                          B5-QA 11:50-12:05

                                                          Q&A

                                                          B5ブロックに関するQ&Aセッション

                                                          セッション概要

                                                          9/2(金) 13:00-14:15

                                                          ※A6-1とA6-2は、セット申し込みとなります。A6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                          • 13:00-13:30
                                                          • A6-1
                                                          • 招待講演

                                                            ドアを開け放したのは誰か?注意喚起活動の経験から考えるIoT機器のセキュリティ問題の要因

                                                            横浜国立大学
                                                            大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                                            准教授
                                                            吉岡 克成

                                                            A6-1 13:00-13:30

                                                            招待講演

                                                            ドアを開け放したのは誰か?注意喚起活動の経験から考えるIoT機器のセキュリティ問題の要因

                                                            講師写真
                                                            • 横浜国立大学
                                                            • 大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                                            • 准教授
                                                            • 吉岡 克成
                                                            講師プロフィール

                                                            2005年より(独)情報通信研究機構にてインシデント対策センターNICTERの研究開発に従事。2008年より横浜国立大学にてサイバーセキュリティ研究開発を開始。2009年文部科学大臣表彰。総務省「国際連携によるサイバー攻撃の予知即応技術の研究開発」「電波の有効利用のための IoT マルウェア無害化/無機能化技術等に関する研究開発」他、プロジェクトに多数参画。博士(工学)。

                                                            セッション概要

                                                            サイバー攻撃の観測や広域スキャンにより発見したIoT機器のセキュリティ不備に関する注意喚起活動を通じて、利用者、製造者、設置運用者それぞれの責任範囲や対応能力に関する認識にギャップがあることが明らかになってきている。本講演では、IoT機器のステークホルダにおける認識のギャップを事例を通じて紹介し、その改善の方向性について考察する。

                                                            ※B6-1とB6-2は、セット申し込みとなります。B6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                            • 13:00-13:30
                                                            • B6-1
                                                            • 招待講演
                                                              • 信頼の基点
                                                              • 不正機能
                                                              • セキュリティ検証

                                                            ハードウェアセキュリティの展望

                                                            国立研究開発法人 産業技術総合研究所
                                                            サイバーフィジカルセキュリティ研究センター
                                                            副研究センター長
                                                            川村 信一

                                                            B6-1 13:00-13:30

                                                            招待講演

                                                            ハードウェアセキュリティの展望

                                                            講師写真
                                                            • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
                                                            • サイバーフィジカルセキュリティ研究センター
                                                            • 副研究センター長
                                                            • 川村 信一 氏
                                                            講師プロフィール

                                                            1985年(株)東芝入社、その後研究開発センター技監、2020年同社を定年退職。2018年より産業技術総合研究所サイバーフィジカルセキュリティ研究センター 副研究センター長。専門は暗号実装とハードウェアセキュリティ。電子情報通信学会 フェロー(2014)、電子情報通信学会業績賞(2021年6月)。

                                                            セッション概要

                                                            IoTシステムにひとたび不具合が生じると、我々の生活への影響は計り知れず、意図的に不具合を生じさせようとする試みも多数発生している。このような脅威へのセキュリティ対策はシステムの様々な階層で実施されるが、最終的に情報を処理するのは常にハードウェアであり、セキュリティ対策の基点(起点)として必ず信頼のおけるハードウェアが存在しなければならない。これを実現するための技術課題と今後を展望する。

                                                            ※A6-1とA6-2は、セット申し込みとなります。A6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                            • 13:30-14:00
                                                            • A6-2
                                                            • 特別講演

                                                              無償BSPベースの開発におけるセキュリティリスク混入についての考察

                                                              株式会社ユビキタスAI
                                                              執行役員
                                                              古江 勝利

                                                              A6-2 13:30-14:00

                                                              特別講演

                                                              無償BSPベースの開発におけるセキュリティリスク混入についての考察

                                                              講師写真
                                                              • 株式会社ユビキタスAI
                                                              • 執行役員
                                                              • 古江 勝利 氏
                                                              講師プロフィール

                                                              グローバル半導体メーカーにて20年以上勤務。主にプロダクト・マーケティング・スペシャリストとして、様々な製品の日本市場におけるビジネス開拓に従事。2016年より組込みソフトウェア開発ツールメーカーのブランドマーケティングとプロモーションを実施。2021年より現職。

                                                              セッション概要

                                                              組込み機器が通信機能を持つことが一般的になり、開発するシステムの複雑性が高まった。製品開発者はそれらを全て一から作成することは困難なため、昨今ではチップメーカーが無償提供するBSPベースの開発を行うケースが主流である。但しBSPでの開発は無償のソフトフェアコンポーネントに対する理解が不十分でも可能になるため、品質の検証が十分ではない状態になりかねない。ここでは無償のLinux BSPベースの開発におけるセキュリティリスクを当社で調査した結果を基に、課題と対策について講演する。

                                                              ※B6-1とB6-2は、セット申し込みとなります。B6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                              • 13:30-14:00
                                                              • B6-2
                                                              • 特別講演

                                                                スマートファクトリーに求められるセキュリティ対策と事例

                                                                テナブルネットワークセキュリティジャパン株式会社
                                                                ビジネスディベロップメントマネージャー
                                                                宮嵜 洋志

                                                                B6-2 13:30-14:00

                                                                特別講演

                                                                スマートファクトリーに求められるセキュリティ対策と事例

                                                                講師写真
                                                                • テナブルネットワークセキュリティジャパン株式会社
                                                                • ビジネスディベロップメントマネージャー
                                                                • 宮嵜 洋志 氏
                                                                講師プロフィール

                                                                大学卒業後、日本電気にてメガバンク・地銀・信金の勘定系・情報系システム、及びNWインフラを担当。その後、外資系ハード、ソフトベンダーにてハイタッチセールスに従事。ビジネスコンサルやグルメサイトの企画・運営にも携わり、サイバーセキュリティビジネスではUTM、Emailセキュリティ、EDRなど約10年のセールス活動に尽力し、2022年3月より現職。

                                                                セッション概要

                                                                "スマート"となる業界・業態が広がりを見せており、中でも、発電・送電システム、インテリジェントビル管理、水処理など複数の分野では、顕著なサイバー攻撃の脅威が迫っている。そこには、歴史的な背景や業界特有の理由で、サイバーセキュリティ面にリソースがかけられないことが多くあるようである。当セッションでは、テナブルが手掛けたいくつかの業界での事例をもとに、どのようにして、サイバーセキュリティ面での危機をあぶり出し、対処をしてきたかを解説する。

                                                                ※A6-1とA6-2は、セット申し込みとなります。A6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                • 14:00-14:15
                                                                • A6-QA
                                                                • Q&A

                                                                  A6ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                  A6-QA 14:00-14:15

                                                                  Q&A

                                                                  A6ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                  セッション概要

                                                                  ※B6-1とB6-2は、セット申し込みとなります。B6ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                  • 14:00-14:15
                                                                  • B6-QA
                                                                  • Q&A

                                                                    B6ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                    B6-QA 14:00-14:15

                                                                    Q&A

                                                                    B6ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                    セッション概要

                                                                    9/2(金) 14:30-14:50
                                                                    • 14:30-14:50
                                                                    • A7
                                                                    • ソリューション講演
                                                                      • 組込みセキュリティ 脅威
                                                                      • 組込みセキュリティ実装ツール
                                                                      • 組込みセキュリティ対策

                                                                    組込みセキュリティ対策はツールを使用して超シンプルに!

                                                                    IARシステムズ株式会社
                                                                    営業部
                                                                    セキュリティスペシャリスト
                                                                    深谷 尚礼

                                                                    A7 14:30-14:50

                                                                    ソリューション講演

                                                                    組込みセキュリティ対策はツールを使用して超シンプルに!

                                                                    講師写真
                                                                    • IARシステムズ株式会社
                                                                    • 営業部
                                                                    • セキュリティスペシャリスト
                                                                    • 深谷 尚礼 氏
                                                                    講師プロフィール

                                                                    2004年から企業や通信キャリア向けのネットワークインテグレーターとして、ネットワークセキュリティのコンサルティングや構築に13年間従事する。2016年からIARシステムズにて、現職のセキュリティスペシャリストとしてネットワーク業界と組込み業界をセキュリティで橋渡しする為に奮闘中。

                                                                    セッション概要

                                                                    組込み機器のセキュリティ検討は、技術、法規制への対応、コスト、他機器との連携等、考慮すべき点がたくさんあり、かつ年々、複雑化している。その結果、情報収集にばかり時間を要し、どこから手をつければ良いのか分からないという相談をうけるケースが増えている。本セッションでは、世界的に有名なダボス会議のセッションでも取り上げられたセキュリティ指標の動向を解説しながら、「どのようにシンプルにセキュリティを実装するか」をご紹介。

                                                                    • 14:30-14:50
                                                                    • B7
                                                                    • ソリューション講演

                                                                      IoT機器に求められるセキュリティ
                                                                      - 各国における動向とIoTセキュリティ導入支援サービス -

                                                                      日本電気株式会社
                                                                      テクノロジーコンサルティング統括部
                                                                      ディレクター
                                                                      神谷 聡史

                                                                      B7 14:30-14:50

                                                                      ソリューション講演

                                                                      IoT機器に求められるセキュリティ
                                                                      - 各国における動向とIoTセキュリティ導入支援サービス -

                                                                      講師写真
                                                                      • 日本電気株式会社
                                                                      • テクノロジーコンサルティング統括部
                                                                      • ディレクター
                                                                      • 神谷 聡史 氏
                                                                      講師プロフィール

                                                                      日本電気株式会社入社後、研究所にて次世代ネットワーク、ネットワークセキュリティの研究開発・製品開発に従事。事業部門に異動後、企業ネットワーク、セキュリティ製品事業推進に従事。現在、テクノロジーコンサルティング統括部ディレクターとして、IT, IoT, OTセキュリティに関するコンサルティング業務に従事。CISSP、情報処理安全確保支援士。

                                                                      セッション概要

                                                                      IoT機器にもセキュリティが求められるようになった昨今、日本国内をはじめ、米国、欧州など各国法規や規制、ガイドライン発行などの最新動向を紹介する。また、NECの取り組みとして、IoT製品・システム・サービスにセキュリティを導入するための支援サービスを紹介する。

                                                                      9/2(金) 15:05-16:20

                                                                      ※A8-1とA8-2は、セット申し込みとなります。A8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                      • 15:05-15:35
                                                                      • A8-1
                                                                      • 招待講演
                                                                        • ものづくりDXシステム
                                                                        • 制御システムセキュリティ
                                                                        • レジリエンス

                                                                      制御システムセキュリティ認証制度の動向とものづくりDXシステムセキュリティ

                                                                      Virtual Engineering Community(VEC)/株式会社ICS研究所
                                                                      事務局長/代表取締役社長
                                                                      村上 正志

                                                                      A8-1 15:05-15:35

                                                                      招待講演

                                                                      制御システムセキュリティ認証制度の動向とものづくりDXシステムセキュリティ

                                                                      講師写真
                                                                      • Virtual Engineering Community(VEC)/株式会社ICS研究所
                                                                      • 事務局長/代表取締役社長
                                                                      • 村上 正志 氏
                                                                      講師プロフィール

                                                                      VEC事務局長
                                                                      1979年に日本ベーレー株式会社に就職。電力会社の火力発電のボイラ自動制御装置のシステム設計から制御装置の故障診断装置開発を手掛ける。1995年に株式会社デジタル社へ転職。日本OPC協議会創設より幹事会メンバーとして参加。2011年経済産業省の「制御システムセキュリティ政策検討タスクフォース」に参加。2012年制御システムセキュリティ関連団体合同委員会にVECとして参加。2015年に株式会社ICS研究所を創設。

                                                                      セッション概要

                                                                      サプライチェーンにつながるものづくりDXシステムを構築しても、ものづくり現場の生産ラインがサイバー攻撃によって破壊的ダメージを受けると復旧時間が数日や数週間、場合によっては数か月間になって供給責任を果たせなくなる。
                                                                      復旧時間を短くする為にも、制御システムセキュリティ対策は重要である。中でも人材育成が大きな課題となっている。

                                                                      ※B8-1とB8-2は、セット申し込みとなります。B8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                      • 15:05-15:35
                                                                      • B8-1
                                                                      • 招待講演
                                                                        • 人工物メトリクス
                                                                        • サプライチェーンにおける対策技術

                                                                      サプライチェーン強化・効率化 ~「人工物メトリクスを用いた個体管理技術ガイダンス」の紹介~

                                                                      国立研究開発法人 産業技術総合研究所
                                                                      サイバーフィジカルセキュリティ研究センター
                                                                      総括研究主幹
                                                                      古原 和邦

                                                                      B8-1 15:05-15:35

                                                                      招待講演

                                                                      サプライチェーン強化・効率化 ~「人工物メトリクスを用いた個体管理技術ガイダンス」の紹介~

                                                                      講師写真
                                                                      • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
                                                                      • サイバーフィジカルセキュリティ研究センター
                                                                      • 総括研究主幹
                                                                      • 古原 和邦 氏
                                                                      講師プロフィール

                                                                      2018年より産業向けサイバーフィジカルセキュリティの研究開発に従事。
                                                                      IEC ACSEC (Advisory Committee on Information security and data privacy)日本代表。
                                                                      ISO TC 292 WG4、ISO/IEC JTC1 SC27 WG2 エキスパート。
                                                                      Publons : https://publons.com/researcher/2224023/kazukuni-kobara/
                                                                      GitHub : https://github.com/KazKobara/

                                                                      セッション概要

                                                                      2021年2月、米国ではサプライチェーンに関する大統領令に署名が行われ、同盟国・パートナー国との強靭なサプライチェーン構築の重要性が示された。日本においても2022年5月に「経済安全保障推進法」が成立し重要物資のサプライチェーン強化がうたわれている。サプライチェーンの強化や効率化のための技術がより一層重要視されている中、エッジデバイスなどのサプライチェーン強化・効率化に向けNEDO事業において策定した「人工物メトリクスを用いた個体管理技術ガイダンス」の活用方法を紹介する。

                                                                      ※A8-1とA8-2は、セット申し込みとなります。A8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                      • 15:35-16:05
                                                                      • A8-2
                                                                      • 特別講演

                                                                        企業のSX実現を支えるサイバーレジリエンス

                                                                        株式会社日立ソリューションズ
                                                                        セキュリティマーケティング推進部
                                                                        部長/Security CoE センタ長
                                                                        セキュリティエバンジェリスト
                                                                        早稲田大学グローバルエデュケーションセンター非常勤講師
                                                                        扇 健一

                                                                        A8-2 15:35-16:05

                                                                        特別講演

                                                                        企業のSX実現を支えるサイバーレジリエンス

                                                                        講師写真
                                                                        • 株式会社日立ソリューションズ
                                                                        • セキュリティマーケティング推進部
                                                                        • 部長/Security CoE センタ長
                                                                          セキュリティエバンジェリスト
                                                                          早稲田大学グローバルエデュケーションセンター非常勤講師
                                                                        • 扇 健一 氏
                                                                        講師プロフィール

                                                                        早稲田グローバルエデュケーションセンター非常勤講師。特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会などのセキュリティ関連団体において社会貢献活動も行う。
                                                                        20年以上にわたり開発から導入までセキュリティ関連業務に従事しており、セキュリティソリューション全般の拡販業務やソリューション企画に従事し現在に至る。
                                                                        ダイワボウ情報システム株式会社 PC-Webzineにて記事連載中。

                                                                        セッション概要

                                                                        VUCA時代、持続可能な組織をめざす上で戦略の一つとして考えなければならないのがレジリエンス経営の実現だ。レジリエンス経営を実現することで、不安定な政情やパンデミックなど想定外の事象に打ち勝ち、企業を成長させ続けることが可能になる。そのレジリエンス経営の一つとして、昨今の激化・高度化するサイバー犯罪に対抗するためのサイバーレジリエンスの強化がある。このセッションでは、製造業にとって必要になるサイバーレジリエンスの考え方と手段について説明する。

                                                                        ※B8-1とB8-2は、セット申し込みとなります。B8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                        • 15:35-16:05
                                                                        • B8-2
                                                                        • 特別講演

                                                                          Coming soon

                                                                          シヤチハタ株式会社

                                                                          B8-2 15:35-16:05

                                                                          特別講演

                                                                          Coming soon

                                                                          講師写真
                                                                          • シヤチハタ株式会社

                                                                          セッション概要

                                                                          ※A8-1とA8-2は、セット申し込みとなります。A8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                          • 16:05-16:20
                                                                          • A8-QA
                                                                          • Q&A

                                                                            A8ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                            A8-QA 16:05-16:20

                                                                            Q&A

                                                                            A8ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                            セッション概要

                                                                            ※B8-1とB8-2は、セット申し込みとなります。B8ブロックの講演の「視聴を申し込む」にチェックしてください。

                                                                            • 16:05-16:20
                                                                            • B8-QA
                                                                            • Q&A

                                                                              B8ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                              B8-QA 16:05-16:20

                                                                              Q&A

                                                                              B8ブロックに関するQ&Aセッション

                                                                              セッション概要

                                                                              9/2(金) 16:40-18:00
                                                                              • 16:40-18:00
                                                                              • P1
                                                                              • パネルディスカッション

                                                                                IoTセキュリティとヒューマンリソース

                                                                                横浜国立大学
                                                                                大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                                                                教授
                                                                                松本 勉

                                                                                P1 16:40-18:00

                                                                                パネルディスカッション

                                                                                IoTセキュリティとヒューマンリソース

                                                                                講師写真
                                                                                • 横浜国立大学
                                                                                • 大学院環境情報研究院および先端科学高等研究院
                                                                                • 教授
                                                                                • 松本 勉

                                                                                セッション概要

                                                                                • お問い合わせ
                                                                                • 「IoTセキュリティフォーラム」運営事務局(株式会社インプレス内)
                                                                                • E-Mail : iotsecurity-forum@impress.co.jp