Web担当者Forum ミーティング 2021 春
Web担当者Forum ミーティング 2021 春
  1. 視聴セッションの登録
  2. 個人情報の取扱いについて
  3. 個人情報の入力
  4. 登録内容の確認
  5. 注意事項の確認
  6. 事前登録の完了
視聴セッションの登録

視聴したいセッションの『視聴を申し込む』にチェックを入れて、ページ下部の『次へ進む』ボタンを押してください。

5/24(月) 11:00-11:45
  • K1-1
  • オープニング基調講演

ユーザーの「買いたい」気持ちを後押しする! 体験力の高い「Webマーケティング」の考え方

株式会社ウェブライダー
代表取締役
松尾 茂起

K1-1 11:00-11:45

オープニング基調講演

ユーザーの「買いたい」気持ちを後押しする! 体験力の高い「Webマーケティング」の考え方

講師写真
  • 株式会社ウェブライダー
  • 代表取締役
  • 松尾 茂起 氏
講師プロフィール

2010年に株式会社ウェブライダーを設立。
SEOを軸としたWebマーケティングのコンサルティングやコンテンツ制作を手がけ、中小企業から上場企業に至るまでWebの成功を支援。
著書『沈黙のWebシリーズ』は、 電子含め17万部を超えるベストセラーに。
商品やサービスの「価値」を徹底的に見える化し、その価値をWebを通して体験・疑似体験してもらうために、【体験力】という言葉を提唱している。

セッション概要

どんな商品・サービスの価値も、体験もしくは疑似体験してもらわないと伝わらない。
しかしコロナ禍においては、リアルな体験の提供が難しいのが実情。
そこでウェブライダーが重視し始めたのが、価値の疑似体験につながる【体験力】の高いコンテンツ制作やイベントの開催です。
このセッションではウェブライダーの成功事例をもとに、【体験力】を意識したコンテンツ制作、さらにはSEOや広告運用の考え方を取り上げます。

内容レベル

中級
Webマーケティングに詳しい人だけでなく、これからWebマーケティングを始める人にも、このコロナ禍におけるWebマーケティングにおいて大切な本質的な思考をインプットしていただけます。

参加対象者

経営者、Web担当者、Webマーケター、編集者、ライター

受講するメリット

たった少しの工夫だけで【体験力】は高まり、それによって、今まで伝わっていなかった商品やサービスの価値が伝わるようになります。
【体験力】というキーワードは、さまざまな施策にレバレッジを生む考え方です。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・集客しても成約につながっていない
・契約がセールス任せになってしまっている
・マーケティングの一連の流れをブラッシュアップしたい

5/24(月) 12:00-12:40
  • A1-2
  • 講演

OJT頼みでは一流マーケターは育たない。成長企業に学ぶ、業績を伸ばすマーケティングチームの作り方

株式会社コラーニング
代表取締役社長
津下本 耕太郎

A1-2 12:00-12:40

講演

OJT頼みでは一流マーケターは育たない。成長企業に学ぶ、業績を伸ばすマーケティングチームの作り方

講師写真
  • 株式会社コラーニング
  • 代表取締役社長
  • 津下本 耕太郎 氏
講師プロフィール

株式会社コラーニング 代表取締役社長、株式会社シンクロ CPO
2018年までアライドアーキテクツ株式会社 取締役(2007年入社、2012年より取締役としてSNS支援事業やモニプラなど複数事業の立上げ、全社の80%の業績を管掌し2013年東証マザースに株式上場)2018年に法人設立。 2019年より株式会社シンクロに合流。2004年上智大学理工学部卒業。キャリアスタートはエンジニア。

セッション概要

マーケティングチームの能力は業績アップに直結する最重要事項です。
しかし、「分かってはいるのに、うまくやれていない。」、「OJTだけしか出来ていない」という企業も多いのではないでしょうか。
最新の市場リサーチ結果や、オイシックス・ラ・大地の執行役員でもある西井敏恭が代表を努め、多くの企業の業績アップを実現してきた弊社ノウハウに加え、マーケティング人材育成サービス「コラーニング」をご案内いたします。

内容レベル

入門、脱初級
組織づくりを行う管理者層以上に向けた内容ですが、マーケターのキャリアについて考えるきっかけにもなる内容ですので、現場の方も是非ご覧ください。

参加対象者

広告主企業もマーケティング支援会社も、マーケティング部署も人事部署も、共通して聞いていただける内容です。

受講するメリット

マーケターに関する人事面ですべきことが体系的に理解できる内容です。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

マーケティング人材育成になかなか着手できないという課題を解決します。

  • B1-2
  • 講演

デジタル時代に新たな顧客体験を創出する、ノーコード・ローコードで使えるオープンソースCMS

アクイアジャパン合同会社
シニアアカウントエグゼクティブ
班目 和典

B1-2 12:00-12:40

講演

デジタル時代に新たな顧客体験を創出する、ノーコード・ローコードで使えるオープンソースCMS

講師写真
  • アクイアジャパン合同会社
  • シニアアカウントエグゼクティブ
  • 班目 和典 氏
講師プロフィール

メーカー系Sierにて営業を5年、外資系セキュリティ業界にて営業を5年経験後、外資系大手CMSメーカーにて2年間AEを経験し、2021年1月に日本法人拡大のため、アクイアジャパン合同会社へ入社。

セッション概要

デジタルでの顧客接点を増やし顧客が求める情報をスピーディーに提供する必要性が高まるなか、コンテンツの重要性もますます高まっています。様々な顧客ニーズに対応したコンテンツをWebサイトやアプリ、SNSなどあらゆるチャネルで素早く提供するノーコード・ローコードで使えるオープンソースCMSをアクイアは提供しています。世界4,000社が採用するCMSを活用したデジタルマーケティング事例をご紹介します。

内容レベル

入門、脱初級、中級

5/24(月) 13:00-13:40
  • A1-3
  • 講演

新たな観光構造の構築に向けて広島県観光連盟が実践した、
データ活用を自走していく組織作りのためのDXとは

株式会社ヴァリューズ
ソリューション局
シニアマネジャー
和田 尚樹
一般社団法人広島県観光連盟(HIT)
チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長
山邊 昌太郎

A1-3 13:00-13:40

講演

新たな観光構造の構築に向けて広島県観光連盟が実践した、
データ活用を自走していく組織作りのためのDXとは

講師写真
  • 株式会社ヴァリューズ
  • ソリューション局
  • シニアマネジャー
  • 和田 尚樹 氏
講師プロフィール

2009年京都大学情報学研究科修士課程早期修了。2012年京都大学情報学研究科博士後期課程単位認定退学、2012年株式会社ヴァリューズに新卒1期生として入社し3年間新規営業を経験したのち、現在はデータ分析組織のマネジャーを務める。

講師写真
  • 一般社団法人広島県観光連盟(HIT)
  • チーフプロデューサー 兼 常務理事事業本部長
  • 山邊 昌太郎 氏
講師プロフィール

1970年2月4日生(50歳) 広島県出身
京都大学工学部卒業
1992年 株式会社リクルート
新規事業開発,リクナビ責任者,求人各誌編集長を歴任
2011年 株式会社ベルシステム24 事業部長
新規事業開発や新規顧客開拓責任者
2016年 カルビー株式会社 クリエイティブディレクター
広島に新設された新規事業開発拠点
「Calbee Future Labo」を責任者として立ち上げ
2020年4月より現任

セッション概要

コロナ禍が続くなか広島県観光連盟は、データの収集・分析を強化し圧倒的なカスタマー理解を推進することで、観光客が広島のリアル/熱量/一体感を感じ、リピートする観光構造を目指しています。そのために必要な幅広いパートナーとの連携に向け、データ資産を活用したDMPを構築しています。
本講演では、DMP構築を通してヴァリューズと共同でおこなったデータ活用・分析自走に向けたDX推進事例をご紹介します。

内容レベル

脱初級

参加対象者

マーケティング担当者、組織マネジメント担当者

  • B1-3
  • 講演

マーケティングで負けないために今すべきこと

株式会社セールスフォース・ドットコム
マーケティングクラウド本部
エバンジェリスト
熊村 剛輔

B1-3 13:00-13:40

講演

マーケティングで負けないために今すべきこと

講師写真
  • 株式会社セールスフォース・ドットコム
  • マーケティングクラウド本部
  • エバンジェリスト
  • 熊村 剛輔 氏
講師プロフィール

1974年生まれ。プロミュージシャンからエンジニア、プロダクトマネージャー、オンライン媒体編集長などを経て、大手ソフトウエア企業のウェブサイト統括とソーシャルメディアマーケティング戦略をリード。その後広報代理店のリードデジタルストラテジストおよびアパレルブランドにおいて日本・韓国のデジタルマーケティングを統括後、クラウドサービスベンダーにてエバンジェリストとなり現在に至る。

セッション概要

人々の生活様式が大きく変化したニューノーマルの世界の中で、企業も顧客もデジタルシフトが加速しました。同時に顧客とデジタル上でのコミュニケーションが当たり前になり、デジタル上での顧客の取り合いが進んでいることのも事実です。顧客との関係を保持することは当然のことながら、新たな顧客との繋がりを作り長く繋がることが求められます。本セッションでは、マーケティングにおいて他社と差をつけるためにやるべきことをご紹介いたします。

内容レベル

脱初級
過去にマーケティングオートメーションを導入したがうまく活用ができていない企業の方々、デジタル接点を構築したいと考えている企業の方々、顧客と今後デジタル接点の構築を検討している企業の方々

参加対象者

中小企業の経営者・マーケティング責任者・EC責任者の方々、デジタルでの顧客接点の構築を検討されている方々

受講するメリット

新たな時代に考えるべきデジタルでの顧客の繋がり方や競争社会の中でいかにして顧客を獲得して中長期的な関係を描いていくべきか、増え続ける顧客接点にいかに対応するべきか、企業としての顧客接点のあるべき姿を理解することができる

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

デジタルに対して抵抗感がある、3rd Party Cookieの無効化に対する対応策について困っている、今の時代に沿った顧客との繋がりを考えられていない、顧客との向き合い方に苦慮している、競合との競争への勝ち方に苦慮している

5/24(月) 14:10-14:55
  • KA1-4
  • 特別講演

コニカミノルタジャパンが実践! ゼロから始めるBtoBマーケティング戦略
〜4年目で売上見込み貢献度が24%に成長! 営業を巻き込んだマーケ主導の組織作り〜

コニカミノルタジャパン株式会社
マーケティングサービス事業部
富家 翔平

KA1-4 14:10-14:55

特別講演

コニカミノルタジャパンが実践! ゼロから始めるBtoBマーケティング戦略
〜4年目で売上見込み貢献度が24%に成長! 営業を巻き込んだマーケ主導の組織作り〜

講師写真
  • コニカミノルタジャパン株式会社
  • マーケティングサービス事業部
  • 富家 翔平 氏
講師プロフィール

大手テレビ通販会社のマーケティング担当としてデジタル広告を中心としたマーケティング活動に従事。その後、大手総合代理店にてコンサルティングやディレクションに加え、運用型広告のオペレーションも担当。
2018年にコニカミノルタジャパンへ参画。マーケティング活動とプリセールスを兼務。SFA×MA×ISRを活用したマーケティング活動の推進に携わり、自社実践によって得た現場ノウハウを基に、顧客のデジタルマーケティング推進支援を行っている。

セッション概要

コニカミノルタジャパンにあるひとつの事業部がBtoBマーケティングに本格的に取り組み始めて4年目を迎え、当初は3名だったマーケティングチームは現在8名となりました。
マーケが創出したパイプラインは全体に対して約24%を占めており、ROIも160%を超えています。
これまでの3年間を振り返りつつ、マーケティングチームの体制や役割、目標設定の変遷、実行してきた施策、直面した課題に対してどのような解決策を実行してきたかをありのままお伝えします!

内容レベル

脱初級、中級
BtoBマーケティングに携わってすぐの方でも理解していただけるように、図解を中心にできるだけわかりやすくお話します。現在マーケティングに従事されている方でも、すぐに自社に転換していただけるような内容になっています。

参加対象者

・BtoBマーケティングの初心者から中級者
・BtoBマーケティングを推進する組織をマネジメントしている人、立ち上げを検討している人

受講するメリット

・BtoBマーケティングの立ち上げから4年目を迎えるまでの歩みと取り組みが学べるので、成果を伸ばし続ける組織になるための手法が学べる
・マーケ×インサイドセールス×営業の連携を加速させるポイントと具体的な取り組みが学べる
・WebサイトのリニューアルとMA×インサイドセールスの取り組みについて学べる

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

BtoBマーケティングをどのように立ち上げてきたかの実践事例をお話します。
BtoBマーケティングを進める方にとって関心が高い、「Web×MA」「インサイドセールス」「マーケ×営業との連携」「目標設計と成果の可視化」など複数のテーマについて具体的な事例をお伝えします。

  • KB1-4
  • 特別講演

Z世代は何を考えている? マーケティング戦略を立てるために必要なコト
~月200人のZ世代にリアルな価値観を聞くSHIBUYA109 lab.が語る~

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
ソリューション戦略部
SHIBUYA109 lab.所長
長田 麻衣

KB1-4 14:10-14:55

特別講演

Z世代は何を考えている? マーケティング戦略を立てるために必要なコト
~月200人のZ世代にリアルな価値観を聞くSHIBUYA109 lab.が語る~

講師写真
  • 株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
  • ソリューション戦略部
  • SHIBUYA109 lab.所長
  • 長田 麻衣 氏
講師プロフィール

総合マーケティング会社にて、主に化粧品・食品・玩具メーカーの商品開発・ブランディング・ターゲット設定のための調査やPR サポートを経て、2017年に株式会社SHIBUYA109 エンタテイメントに入社。
SHIBUYA109 マーケティング担当としてマーケティング部の立ち上げを行い、2018 年5月に若者研究機関「SHIBUYA109 lab.」を設立。現在は毎月200人のaround 20(15歳~24 歳の男女)と接する毎日を過ごしている。

セッション概要

今注目が高まっているZ世代は、デジタル環境を中心に激変する時代背景のもと生まれ育ったことから、他世代と異なる価値観を持っています。今後5年後、10年後社会の中心を担う彼らは、どのような価値観を持っていて、どんなことに消費のモチベーションを感じているのか。月200人のZ世代と接するSHIBUYA109 lab.が、彼らのリアルな実態や事例を交えながら解説致します。
【セッション内容(予定)】
・Z世代の価値観について  
・Z世代の消費モチベーション
・Z世代の心を掴むためのマーケティング活動:SHIBUYA109事例

内容レベル

脱初級
Z世代の捉え方や理解の仕方を中心に解説いたします。

参加対象者

・事業会社マーケティング・プロモーション施策の設計に携わる方
・Z世代をターゲットとしたクライアント様と対峙されている支援会社の方

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・Z世代をターゲットとした施策を検討している方
・Z世代のリアルな実態を知りたい
・Z世代をターゲットとしたマーケティング活動の事例を知りたい

5/24(月) 15:10-15:50
  • A1-5
  • 講演

MAの導入・活用支援のプロが見た!成果を出しているマーケ現場のリアル
〜”なんかやったな〜?”と競合がうらやむ企業が実践したMA活用術〜

SATORI株式会社
コンサルティンググループ
リーダー
西田 浩子
SATORI株式会社
マーケティング営業部 マーケティンググループ
リーダー
関 静香

A1-5 15:10-15:50

講演

MAの導入・活用支援のプロが見た!成果を出しているマーケ現場のリアル
〜”なんかやったな〜?”と競合がうらやむ企業が実践したMA活用術〜

講師写真
  • SATORI株式会社
  • コンサルティンググループ
  • リーダー
  • 西田 浩子 氏
講師プロフィール

前職ではSIerの営業として、システム開発のソリューション営業に従事。2019年10月にSATORIカスタマーサクセス部門へ参画。
SATORI利活用セミナーへの登壇をはじめ、お客様のマーケティング目標達成のため活用支援を行う。
2021年4月、お客様の経営課題を中から解決することをミッションに、コンサルティング組織を発足。リーダーとして活動している。

講師写真
  • SATORI株式会社
  • マーケティング営業部 マーケティンググループ
  • リーダー
  • 関 静香 氏
講師プロフィール

介護・福祉系企業で内部監査員に従事した後、キャリアチェンジを経て大手人材系企業にて、オフラインイベントの企画・運営を中心に商品企画を経験。
2019年8月SATORIに入社。現在は、自社プロダクトであるMA「SATORI」を活用して、マーケティング施策の立案、推進を担当。商談獲得をメインミッションに、リード獲得やナーチャリングを担当している。

セッション概要

環境変化が著しい現代において、顧客体験がデジタル中心の今、Webやデータを活用したマーケティング施策がより重要視されています。

成果を出している企業では、一体何を行っているのか。

オンライン上でのコミュニケーションをきっかけに商談・受注へつなげていくための仕組みとして多くの企業が採用するのが「マーケティングオートメーション(MA)」です。

本セッションでは、1000社以上の導入/運用支援の実績をもつ、MA「SATORI」がMA導入支援で成果がでたマーケティング施策×MA活用事例をご紹介いたします。

内容レベル

脱初級

参加対象者

・デジタルマーケティング領域を担当している方
・Web戦略、施策を推進するリーダー、責任者の方

受講するメリット

・他社事例から、自社の取り組みをアップデートできるヒントが得られる
・MA導入、活用のポイントが聞ける

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・成果創出のために今行っている手法をアップデートしたい
・MAについて大枠を理解し、実際の事例を知りたい

  • B1-5
  • 講演

山野楽器が実践するSNSでのプロモーション戦略と分析

株式会社ユーザーローカル
コーポレートセールス カスタマーサクセス エンタープライズチーム
シニアリーダー
嶋田 彩野
株式会社山野楽器
広報宣伝部 デジタルマーケテイング課
課長
藤井 貴之

B1-5 15:10-15:50

講演

山野楽器が実践するSNSでのプロモーション戦略と分析

講師写真
  • 株式会社ユーザーローカル
  • コーポレートセールス カスタマーサクセス エンタープライズチーム
  • シニアリーダー
  • 嶋田 彩野 氏
講師プロフィール

楽天株式会社を経て2010年7月より現職。
大手企業を中心にアクセス解析を用いたウェブサイト内の改善、ソーシャルメディアの効果
測定、レポート業務の定型化などインターネットマーケティング全般の支援を行っている。

講師写真
  • 株式会社山野楽器
  • 広報宣伝部 デジタルマーケテイング課
  • 課長
  • 藤井 貴之 氏
講師プロフィール

2011年、株式会社山野楽器に入社。配属された海外事業部では、大手ギターブランド『Fender』のグループブランドのセールスを担当。その後、WEBマーケティング室に異動し、SNS運用、動画制作、広告LPをはじめとしたブランドページ制作、コーポレート/ECサイトのリニューアル支援、広告プランニング、プレスリリース作成などWeb業務全般と広報業務に従事する。

セッション概要

2013年Twitterの運営スタートと同時にSocial Insightを導入し、以来、Facebook、Instagram、LINEなど販売促進/WEBマーケティングツールとしてSNSを活用している山野楽器。
多くの店舗アカウントを運営されている中、どのようにSNSで発信、分析をしているのか。Social Insightを活用した具体的な事例をお伝えいたします。

内容レベル

脱初級

参加対象者

SNS運用担当者、マーケティング担当者、広報担当者、経営者など
ソーシャルメディアマーケティング、キャンペーンの活用に興味がある方

受講するメリット

・SNSのデータを有効に活用したい
・運用しているアカウントのレポートを簡単につくりたい
・実施した施策の効果測定をしたい
・SNSでキャンペーンをしたいがどうしていいかわからない
など

5/24(月) 16:10-16:50
  • A1-6
  • 講演

成功するYouTube広告運用の3つの秘訣-小さく始めて大きく育てるアジャイル運用のススメ-

株式会社オーリーズ
Video Growth Director
肥田 悟志

A1-6 16:10-16:50

講演

成功するYouTube広告運用の3つの秘訣-小さく始めて大きく育てるアジャイル運用のススメ-

講師写真
  • 株式会社オーリーズ
  • Video Growth Director
  • 肥田 悟志 氏
講師プロフィール

動画広告推進と広告効果計測に関する社内プロジェクトを立ち上げ、YouTubeやFacebook、LINEを中心とした動画広告の責任者を担う。動画活用のフレームワーク開発やクリエイティブディレクションの体系化、マーケティングミックスモデリングによる効果計測を推進。売上の頭打ちを突破するため、動画広告で「検索広告の効果弾力性の向上」から、「TVCMと併用したリーチ効率最大化」まで支援を行っている。

セッション概要

「動画広告で新規ユーザー獲得を行い頭打ちを突破したい」「認知施策を行いたいが何から手を付けてよいかわからない」「動画の広告効果が見えず、社内の承認が降りない」本セッションでは、このような悩みに対して動画広告のベストプラクティスを紹介し、どのように動画広告の知見を蓄積し頭打ちを突破していくのか、その成功ポイントを深堀りしていきます。動画広告経由のCPAを200%改善した事例やTrueView配信金額を昨対比10倍に伸ばした実績を誇る代理店が語る、動画広告の“勝ち筋”をご紹介します。

Webサイト

https://allis-co.com/

内容レベル

脱初級、中級

受講するメリット

このセミナーを受講すれば、YouTube広告で何に気をつければよいのか整理され、今日から成果のでる動画広告を開始できます

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

動画広告でCPAをあわせる方法や、クリエイティブの制作からPDCAの考え方、効果検証の方法など、動画広告で躓いてしまうポイントをご紹介

  • B1-6
  • 講演

美容室Ashが来店予約を2倍にしたGoogleマイビジネス活用術

株式会社Faber Company
ローカルミエルカ プロダクトオーナー
中本 俊一
株式会社アルテサロンホールディングス
営業統括本部
課長
岩田 良介

B1-6 16:10-16:50

講演

美容室Ashが来店予約を2倍にしたGoogleマイビジネス活用術

講師写真
  • 株式会社Faber Company
  • ローカルミエルカ プロダクトオーナー
  • 中本 俊一 氏
講師プロフィール

2016年Faber Companyに入社。これまで200社以上のWebマーケティング、Googleマイビジネス活用支援に従事。現在はローカルミエルカの事業責任者としてチェーン店舗向けの店舗情報管理ツールの開発に従事している。

講師写真
  • 株式会社アルテサロンホールディングス
  • 営業統括本部
  • 課長
  • 岩田 良介 氏
講師プロフィール

高校卒業後、大阪の美容室に就職し店長・マネージャー職をしながらWebデザインとアフィリエイトを学ぶ。Webマーケコンサルの副業を経て、2015年に(株)NYNYに入社。関西30店舗のマネジメントで業績を伸ばし、2019年親会社である(株)アルテサロンホールディングスのマネージャーを兼務。全国323店舗のマーケティング責任者となる。

セッション概要

デジタルで消費者との接点を増やし、いかに来店へつなげるかは店舗ビジネスにとって重要テーマの1つです。今回は「Googleマイビジネス」活用に注目。デジタル集客に注力している美容室Ash運営の株式会社アルテサロンホールディングス岩田氏をお招きし、来店予約を2倍にしたGoogleマイビジネス活用のメリット、運用ノウハウ、スタッフ教育方法などを、施策を支援するローカルミエルカ中本がお聞きします。

内容レベル

入門、脱初級
Googleマイジネスの基本運用から応用編まで、事例を交えて解説します。

参加対象者

・店舗ビジネスのWeb担当者さま
・20店舗以上のチェーン展開企業のマーケティング担当者さま
・Googleマイジネス運用担当者さま

受講するメリット

・ユーザーの検索行動から「地図」の重要性を理解
・Googleマイジネスの集客事例を理解
・Googleマイジネス運営におけるノウハウや苦労などリアルを把握

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・Googleマイジネス管理って意味ある?効果ある?
・Googleマイジネスで上手く集客できている事例ある?
・Googleマイジネスを手間なく複数店舗管理する方法は?

5/24(月) 17:10-17:55
  • K1-7
  • クロージング基調講演

Google マイビジネスで店舗集客を成功に導くには?
~ユーザー行動を考えた施策で成果を出す~

iSchool合同会社
代表
伊藤 亜津佐

K1-7 17:10-17:55

クロージング基調講演

Google マイビジネスで店舗集客を成功に導くには?
~ユーザー行動を考えた施策で成果を出す~

講師写真
  • iSchool合同会社
  • 代表
  • 伊藤 亜津佐 氏
講師プロフィール

藤沢生まれ。大学卒業後、株式会社キーエンスに入社。センサーのBtoB営業を経験する。30ヶ国を放浪した後、逗子市役所に入庁。観光行政に携わる。2015年にWebの世界に入り、SEOとローカル検索のコンサルタントとして集客のサポートをしている。Google公式コミュニティにて、Googleマイビジネス プラチナ プロダクトエキスパート、Google検索セントラル ゴールド プロダクトエキスパート。

セッション概要

スマホの普及により「何かしたい」と思った瞬間に検索できるようになりました。突然ラーメンが食べたくなって外出先で検索した経験がある方もいると思います。ユーザーの欲求を即座に解決できる検索結果を作れることが、Google マップや検索を利用するユーザーが爆発的に増えている理由の一つです。利便性の高い検索結果から「行ってみたいお店」として選ばれるお店にはどんな特徴があるのでしょうか。ローカル検索を通じてお店の魅力を伝えるサイクルを作るために、必要な考え方と施策についてお伝えします。
今回のセミナーは録画での配信ですが、聴講者さんの疑問点に回答するため伊藤さん自らQ&A回答者になってくれます。ZoomのQ&A機能(テキストでのやり取り)を使って、直接、登壇者に質問して、回答までもらえるセミナーとなっております。
テーマはGoogleマイビジネスに限らせてもらいますが、セッションの内容とは異なった質問であっても受け付けますので、ぜひ皆さまからのご質問お待ちしています。

内容レベル

入門、脱初級

参加対象者

Webマーケティング担当者

受講するメリット

・ローカル検索の概念や仕組みを理解できる
・施策が及ぼす効果をイメージできるようになる
・手をつけるべき施策に確信を持てる

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・お店の魅力をどのように届ければいいのか知りたい
・ローカル検索で成果を出す方法を知りたい

5/25(火) 11:00-11:45
  • KA2-1
  • オープニング基調講演

顧客のインサイトを探るために「カスタマーマニアになろう」

東京大学 FoundX
ディレクター
馬田 隆明

KA2-1 11:00-11:45

オープニング基調講演

顧客のインサイトを探るために「カスタマーマニアになろう」

講師写真
  • 東京大学 FoundX
  • ディレクター
  • 馬田 隆明 氏
講師プロフィール

東京大学 FoundX ディレクター。
University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトでの Visual Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリストとしてスタートアップ支援を行う。 スタートアップ向けのスライド、ブログなどの情報提供を行う。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』

セッション概要

顧客を顧客以上に知っている「カスタマーマニア」になることで、より良いマーケティングやセールスが可能になります。本セッションではカスタマーマニアになるための顧客インタビューの方法、現場に行くことの重要性などについて解説します。

内容レベル

脱初級

参加対象者

マーケティング担当者、プロダクト担当者

受講するメリット

顧客インタビューや観察の重要性、その方法論について語ることができるようになる

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

顧客にマーケティングのメッセージが届かない、滑っていると感じている、顧客のことが分からない

  • KB2-1
  • オープニング基調講演

あぁ、マーケターに向いてないかも…! という人のための「マーケティング思考」

株式会社ニューバランスジャパン
マーケティング部
ディレクター
鈴木 健

KB2-1 11:00-11:45

オープニング基調講演

あぁ、マーケターに向いてないかも…! という人のための「マーケティング思考」

講師写真
  • 株式会社ニューバランスジャパン
  • マーケティング部
  • ディレクター
  • 鈴木 健 氏
講師プロフィール

1991年広告代理店の営業としてスタートし、I&S/BBDOでストラテジックプランナーとして消費財メーカーのマーケティング企画および調査を担当。2002年ナイキジャパンでナイキゴルフの広告、Web、PRを担当し、その後同社でウィメンズトレーニングのブランドマネージャーを経験。2009年にニューバランス入社し、ニューバランスブランドのPRおよび広告宣伝、販促活動全般を手掛ける。

セッション概要

「知識ゼロでマーケ部に異動になっちゃった…マーケター向いてないかも…」と、マーケティングの仕事について漠然とした苦手意識がある人に向けに、「そもそも、マーケティングの考え方って何?」という、マーケティングプランを立てるための前提知識となる「マーケティング思考」について初心者向けに解説します。講師自身も文系出身で、社会人になってから「マーケティング」を学んでいきました。45分で基本的なことを一緒に学びましょう。

内容レベル

入門
マーケティングという言葉をあまり使わずに、その思考自体を整理していきます。比喩が多くなるので若干抽象的にはなるかと思います。

参加対象者

ウェブ担当者初級講座に参加するような初心者。マーケティングという言葉を知らずいきなり担当者になったような人。

受講するメリット

すぐに使えるスキルやノウハウではなく、考え方のアプローチを教えるので、考えることの訓練になります。安宅和人さん風に言うとイシューを特定できるようになって、結果的に無駄が減ります。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

いわゆるノウハウ本などに書いてあることがすぐに腹落ちしない人には、自分なりの考えを活かすことができるようになります。

5/25(火) 12:00-12:40
  • A2-2
  • 講演

マーケターでもできるAI予測分析
ソニーとベネッセの活用事例

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
法人サービス事業部 AI事業推進部
Prediction One プロジェクトリーダー
高松 慎吾
株式会社ベネッセコーポレーション
校外学習カンパニー マーケティング開発本部 デジタルマーケティング部
中井 徳崇

A2-2 12:00-12:40

講演

マーケターでもできるAI予測分析
ソニーとベネッセの活用事例

講師写真
  • ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  • 法人サービス事業部 AI事業推進部
  • Prediction One プロジェクトリーダー
  • 高松 慎吾 氏
講師プロフィール

AI分野のエンジニア。ソニーグループを中心に、製造、金融、サービス、不動産を含む数多くの業界・業種で予測分析の開発とビジネスへの導入を手掛ける。非専門家でも予測分析を使いやすくするソフトウェア「Prediction One」を開発し、その新規ビジネスのリーダを務める。Sony Outstanding Engineer Award 2019受賞。

講師写真
  • 株式会社ベネッセコーポレーション
  • 校外学習カンパニー マーケティング開発本部 デジタルマーケティング部
  • 中井 徳崇 氏
講師プロフィール

データアナリスト。IT・金融にてWEBアクセスログや購買データ分析、WEB広告効果検証等に従事。2019年より現職にて、KPIダッシュボードの企画開発や機械学習の予測分析を推進。判定・推定系プログラム特許を複数取得。

セッション概要

デジタルマーケティングにおいて、コミュニケーションの質を高めるために、
ペルソナごとに提供コンテンツを最適化するのは重要な方法の1つです。
しかし、最適化するためには多岐にわたるペルソナと最適コンテンツの分析が必要となり、
業務負荷が高くなかなか着手できない方が多いのではないでしょうか。
本講演では、AI予測分析で業務負荷を下げながら、効果的にCVRを改善する方法を事例を交えてご紹介します。
1.ペルソナ別のコンテンツ出し分けでCVR改善
2.アンケートデータとトラフィックデータをAI学習データにペルソナ予測
3.AIでKPIの着地を予測
4.AI予測分析を活用したその他のユースケース

内容レベル

脱初級、中級
AI学習モデルの知識なし、プログラミングができなくても、問題なし。日頃のマーケティング業務で、エクセルなどによる分析・判断を行っており、自社のKPIにどのような要素が関係しているか把握できている。

参加対象者

業種指定なし。自社事業のマーケティング業務を行っており、KPIの責任を持たれている方。

受講するメリット

自社のKPI達成の助けとなる予測分析の活用方法のヒントがわかる。
AI、プログラミングの知識がなくても、AIツールを扱う具体的な方法がわかる。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

AIに興味があり必要性も感じるが「実装できていない」「難しそう」「自分にはできなさそう、遠い話」と思っている人。

  • B2-2
  • 講演

お客様満足度の高い販売活動の実現に向けた
最新データ活用3事例
~アパレル・小売り・メーカー事例~

株式会社ブレインパッド
プロダクトビジネス本部
副本部長
東 一成

B2-2 12:00-12:40

講演

お客様満足度の高い販売活動の実現に向けた
最新データ活用3事例
~アパレル・小売り・メーカー事例~

講師写真
  • 株式会社ブレインパッド
  • プロダクトビジネス本部
  • 副本部長
  • 東 一成 氏
講師プロフィール

大学卒業後、鉄道系の情報システム会社に勤務の後、外資系のアナリティクスツール会社にてプリセールスからデータマイニング、BI、BSCなどの導入支援を担当。
その後、海外から機械学習システム、MA、分析プラットフォームなどの日本市場への展開を支援し、ビジネス立ち上げる。
ブレインパッドでは、MA、拡張分析、ソーシャルメディアアナリティクス、分析プラットフォームに関する国内外のソフトウェアの展開や調査を行っている。
【経験・実績】
テレコム通信、空港、百貨店、小売・流通、通販、カード、証券、商社、サービスなどの様々な業種への機械学習やMAなどの分析システム導入とご支援。

セッション概要

お客様の満足度と売上には相関があると言われています。

ECや店舗で商品を販売する事業を行う企業は、様々な顧客接点チャネルを駆使し、
顧客体験の向上を通じてお客様の満足度を高める事が求められます。

顧客体験を向上する為に、これまでデータから顧客の意向を汲み取る事しかできなかったが、今後は、顧客接点の情報をすべてデータ化し、可能な限り正確な顧客データを集め活用する事でどう顧客に還元できるかが重要になります。
本講演では、顧客に還元するためのデータの集め方から活用方法を具体的な事例をもとにご紹介します。

内容レベル

中級、上級

参加対象者

消費財メーカー、アパレル、小売/流通でECと店舗の両方で販売してい事業のデジタルマーケティング(EC・メール・LINE・アプリ、CRM)に課題を感じているマネージャー層以上の方

5/25(火) 13:00-13:40
  • A2-3
  • 講演

失敗しないサイト構築の進め方
~押さえておくべき5つのポイント~

富士通株式会社
SIビジネス変革室 SSLユニット 第三システム事業本部 第一システム部
担当部長
高橋 一夫

A2-3 13:00-13:40

講演

失敗しないサイト構築の進め方
~押さえておくべき5つのポイント~

講師写真
  • 富士通株式会社
  • SIビジネス変革室 SSLユニット 第三システム事業本部 第一システム部
  • 担当部長
  • 高橋 一夫 氏
講師プロフィール

2000年から自社開発CMSの企画・設計・開発に従事。以来、官公庁・自治体、製造、金融、メディアなど様々な業種のプロジェクトで累計100件ほどCMS導入を支援。

セッション概要

自社サイト(コーポレートサイト、イントラサイト、会員制サイト等)の新規構築/再構築をご検討中の営業企画、マーケティング、広報、情報システム部門の皆さまを対象として、プロジェクトを始める前に押さえておきたいポイントを事例を交えて解説します。本セッションを受講いただくことで、「要件定義の勘所」、「既存コンテンツ移行や運用のコツ」、「CMS選定のポイント」などを掴んでいただけます。

内容レベル

脱初級、中級

参加対象者

(1)サイトの新規構築/再構築をご検討中の方
(2)サイトリニューアルのポイントをおさえたい方
(3)営業企画、マーケティング、広報・宣伝、情報システム部門の方
(4)サイトリニューアルに関しては比較的初心者と中級者の方

受講するメリット

CMS選定のポイントや、要件定義、システム設計、運用設計を行う場合に、あらかじめ考慮しておくべきポイントを事前に把握することで、失敗しないサイト構築の進め方を知ることができます。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

企業ウェブサイトの構築方法や進め方等がわからない。また、CMS選択の基準がわからない。システム開発の各工程毎に考慮すべきポイントを知りたい。

  • B2-3
  • 講演

グローバルで売上を伸ばすために知っておきたい「海外マーケティングの最前線」
~グローバルでのWebサイト運用 & 顧客データ一元管理の画期的手法とその効果とは~

Wovn Technologies株式会社
Marketing Department
Marketing Manager
森山 真一

B2-3 13:00-13:40

講演

グローバルで売上を伸ばすために知っておきたい「海外マーケティングの最前線」
~グローバルでのWebサイト運用 & 顧客データ一元管理の画期的手法とその効果とは~

講師写真
  • Wovn Technologies株式会社
  • Marketing Department
  • Marketing Manager
  • 森山 真一 氏
講師プロフィール

総合商社にて基幹ERPパッケージシステムの導入・運用、R&D業務などに従事。その後、リクルートグループにて機械学習技術を活用した新規事業プロジェクトに初期メンバーとして加わり、事業開発・顧客データ分析・商品企画等を手掛ける。2021年よりWovn Technologiesにてデジタルマーケティング業務全般を推進。

セッション概要

海外マーケティングには国内以上に顧客理解が必要です。
しかし、Webサイトの管理運用がグループ各国にまかせっきりで、貴重な各国データを把握できていないケースが散見されます。
本セミナーでは、海外マーケティングを始める上で企業が実際に抱えるWebサイト運用と顧客データの管理における課題をあげ、解決策について他社事例を交え、ご紹介していきたいと思います。

Webサイト

https://wovn.io/ja

内容レベル

入門、脱初級

参加対象者

Webサイト担当部門
マーケティング部門
海外向けマーケティングを推進検討している方

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

Webガバナンスに課題を感じている。
各国に入る引き合い情報を日本本社で把握できず、戦略が打てない。
売上結果ではなく、潜在顧客からの問合せベースで戦略立案をしたい。
どのような国・地域からアクセスされているかを把握できない。

5/25(火) 14:10-14:55
  • KA2-4
  • 特別講演

これから始めるDX!デジタルシフトの生活者と一緒にブランドを育てるアプローチ

AGC株式会社
経営企画本部 DX推進部
マネージャー
田家 敦史
AGCテクノグラス株式会社
コンシューマ本部 ハウスウエア営業部
チーフマネージャー
野村 考弘

KA2-4 14:10-14:55

特別講演

これから始めるDX!デジタルシフトの生活者と一緒にブランドを育てるアプローチ

講師写真
  • AGC株式会社
  • 経営企画本部 DX推進部
  • マネージャー
  • 田家 敦史 氏
講師プロフィール

AGCグループ全体のDX、主にマーケティングのビジネス変革・組織変革を推進。多くのDXプロジェクト経験から得たDXアプローチを進め、事業黒字化・ビジネスモデル構築・新商流立ち上げ等のDXを実現。
グループ初の自社ECチャネル立ち上げを企画・リードし、SNS活用コミュニティをコンセプトにCX設計、ファンの支持を得て売上達成・Web指標を改善。データサイエンティストの知見も活かしつつ、社内各部門でDXを推進。

講師写真
  • AGCテクノグラス株式会社
  • コンシューマ本部 ハウスウエア営業部
  • チーフマネージャー
  • 野村 考弘 氏
講師プロフィール

大学卒業後、大手不動産デベロッパーで営業職を経験。
2003年、量販店向け営業担当として入社。
2008年、マーケティング部に異動。商品企画、PYREXブランドマネージャーを経験。
2013年、営業部にて新規チャネル開拓を担当し、モール型EC事業の積極展開とiwaki直営店舗の新規展開、店舗開発・運営責任者を務め延べ20店舗展開。
2020年、新規自社ECサイトオープンに責任者として携わる。

セッション概要

生活者のデジタル化に対応したマーケティングDXのひとつの方向性を、AGCグループのブランド「iwaki」の実例からご紹介します。
生活者のデジタルシフトに加えコロナ禍も相まって、生活者のライフスタイルは変容し続けています。
そのトランスフォームへの適応と自分たちのブランドの強みを打ち出し、SNS×コミュニティを活用しながら、「iwaki」は、ファンづくりブランディングを昨年から始めて少しずつ階段を上がっているところです。
その等身大の姿をご紹介します。

内容レベル

入門

参加対象者

Web担当者、広報担当者、SNS担当者、DX推進者

  • KB2-4
  • 特別講演

7つの顧客セグメントで考えるお客様さま理解の方法とは?
~チュチュアンナが実践する「顧客理解」のフレームワーク~

株式会社チュチュアンナ
デジタルマーケティング部 兼 経営戦略室
マネジャー
池田 雅春
株式会社チュチュアンナ
デジタルマーケティング部
マネジャー
西岡 和也

KB2-4 14:10-14:55

特別講演

7つの顧客セグメントで考えるお客様さま理解の方法とは?
~チュチュアンナが実践する「顧客理解」のフレームワーク~

講師写真
  • 株式会社チュチュアンナ
  • デジタルマーケティング部 兼 経営戦略室
  • マネジャー
  • 池田 雅春 氏
講師プロフィール

NECソリューションイノベータ、Chatwork、シナジーマーケティング、デロイト トーマツ コンサルティングを経て、チュチュアンナへ入社。デジタル戦略立案、CX向上、DX推進、MA運用、BI活用、アプリ・ECシステム開発、マーケティングリサーチ等に従事。

講師写真
  • 株式会社チュチュアンナ
  • デジタルマーケティング部
  • マネジャー
  • 西岡 和也 氏
講師プロフィール

新卒でJ.フロント リテイリンググループに入社し、コミュニケーション領域全般の業務に従事。その後、GINZA SIXの開業に携わり、顧客コミュニケーション設計、会員制度構築、サービス企画を担当。現職では、チュチュアンナにて、リアル・デジタルの領域を横断して、コミュニケーション設計~施策立案~実行までを担当。

セッション概要

会員ランク分析やRFM分析はしているけれど、もっとお客様の本質を知った上でコミュニケーションを取りたい!でも人もお金もノウハウもない!さあどう進めるか?フレームワークとお客様へのインタビューを元に、悪戦苦闘しながら突き進んできた、半年間の奮闘記を詳しく解説します。

内容レベル

脱初級

参加対象者

マーケティング、CRM、広報、宣伝、販促活動等に従事されている方

受講するメリット

顧客理解のための分析やリサーチの進め方、そこからの施策の立て方が分かります。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

自社の顧客を理解し、セグメント毎の適切なコミュニケーション設計を行いたいというニーズにおこたえします。

5/25(火) 15:10-15:50
  • A2-5
  • 講演

成果の出るメルマガと出ないメルマガは何が違う?その違いを徹底比較!

株式会社ラクス
クラウド事業本部 配配メール事業部 企画課
メールマーケティングエバンジェリスト
宮坂 夏生

A2-5 15:10-15:50

講演

成果の出るメルマガと出ないメルマガは何が違う?その違いを徹底比較!

講師写真
  • 株式会社ラクス
  • クラウド事業本部 配配メール事業部 企画課
  • メールマーケティングエバンジェリスト
  • 宮坂 夏生 氏
講師プロフィール

2016年 株式会社ラクスに新卒入社。
「配配メール」の営業担当として年間300社へ電話・メールのみでメールマーケティングを提案し、
担当エリアの受注率を5倍に向上。
2019年に企画へ異動し、セミナー・展示会等のオフライン施策を担当。
昨年度はイベントのオンライン開催と講師育成に注力し、獲得リード数と講師数を4倍に増やす。
傍ら、メールマーケティングエバンジェリストとして社内外にメールマーケティングの利活用を広めている。

セッション概要

メールマーケティングはWebマーケティング施策の中でも専門知識が不要で比較的費用対効果が出やすいため、もっと成果を出せる「惜しいメルマガ」も多数存在してしまいます。
本講演では、成果の出るメルマガと出ないメルマガの違いや、成果に繋げるためのポイントを解説しながら、いただいたご質問にリアルタイムに回答します。メールマーケティングの目的やKPIなど基礎部分もお話しますので、未実施の方もお気軽にご参加ください。

内容レベル

入門、脱初級、中級

参加対象者

・メールマーケティングの担当者、責任者
・メールマーケティングに興味がある方
・マーケティングの担当者
・営業担当者

受講するメリット

・メールマーケティングの役割や見るべきKPIなど基本がわかる
・メールマーケティングで成果の出る企業と出ない企業の違いがわかる
・メルマガの成果につながる要素・つながらない要素がわかる
・メルマガのネタ切れ対策がわかる
・気になることはその場で質問できる
※講演資料は後日メールでお送りします

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・メールマーケティングの勉強をしたい
・メルマガの開封率やクリック率を上げたい
・メルマガでやったほうがいいこと、やらないほうがいいこと、やっても意味がないことを知りたい
・メルマガのネタ切れ感の解消方法を知りたい

  • B2-5
  • 講演

d fashionに学ぶ ECサイト改善のシナリオ~1to1マーケティングを実現するWeb接
客とは~

Repro株式会社
Solution Sales Div.
Account Manager
岡野 宏輝
マガシーク株式会社
マガシーク コンシューマサイト事業部
本部長
小手川 大介

B2-5 15:10-15:50

講演

d fashionに学ぶ ECサイト改善のシナリオ~1to1マーケティングを実現するWeb接
客とは~

講師写真
  • Repro株式会社
  • Solution Sales Div.
  • Account Manager
  • 岡野 宏輝 氏
講師プロフィール

青山学院大学卒業後、デジタルマーケティング支援会社へ就職し、最年少で執行役員へと就任。サービス立案から営業活動、資金調達に至るまでの様々な業務に従事。2019年にReproへ参画し、現在はユニットリーダーとしてEC事業社を対象に営業活動を行う。

講師写真
  • マガシーク株式会社
  • マガシーク コンシューマサイト事業部
  • 本部長
  • 小手川 大介 氏
講師プロフィール

九州大学卒業後、SEを経験しWEBコンサルティング会社にてナショナルメーカーのEC支援やECサイト新規立ち上げに従事。
2016年よりMAGASEEKへ参画し、プロジェクト推進を担当しつつ、販売支援・マーケティング部長を経験、2020年10月よりBtoC分野の統括本部長に就任

セッション概要

ここ一年でECサイトの需要は伸びていますが、企業によっては「サイトの改善が進まず、せっかくの機会を失っている」状態が続いています。こうした企業は、ノウハウやリソース、改善環境の整備といった課題があり、思うように施策が進められないのが実情です。
そこで、現在進行形でサイトの改善に取り組むd fashion様にご登壇いただき、「これまで行ってきたマーケティング施策」「どういった課題があったのか」「今後、実現したいこと」などを運用者目線で語っていただきます。

Webサイト

https://repro.io/

内容レベル

脱初級、中級

5/25(火) 16:10-16:50
  • A2-6
  • 講演

顧客の「欲しいもの」と「本当に使われるもの」は違う! マーケターが知っておきたい成功率を高めるアジャイル手法

CI&T株式会社
シニア・オペレーショントランスフォーメーションマネージャー
橋永 ローズ
CI&T株式会社
カスタマーサクセスリーダー
川渕 洋明

A2-6 16:10-16:50

講演

顧客の「欲しいもの」と「本当に使われるもの」は違う! マーケターが知っておきたい成功率を高めるアジャイル手法

講師写真
  • CI&T株式会社
  • シニア・オペレーショントランスフォーメーションマネージャー
  • 橋永 ローズ 氏
講師プロフィール

2002年にCI&Tに入社。開発プロセスに情熱を注ぎ、同社のウォーターフォールからアジャイル開発への完全移行を経験した。また、初期のアジャイル案件であるJohnson&Johnsonのプロジェクトを10年以上に渡りリード。その情熱をCI&T Japanのオペレーション変革に注ぐべく、2016年に家族と共に来日した。現在の目標は、CI&Tと働くことの楽しさをより多くの社員や企業に広めていくこと。

講師写真
  • CI&T株式会社
  • カスタマーサクセスリーダー
  • 川渕 洋明 氏
講師プロフィール

2016年よりCI&Tにて国内マーケティングに携わりつつ、アステラス製薬・AOKI「suitsbox」など大手企業のリーン・アジャイル開発プロジェクトにビジネスアナリストおよびファシリテーターとして貢献。現在はカスタマーサクセスリーダーとして、より組織的な顧客支援に取り組む。2019年~2020年Agile Japanカンファレンス実行委員。

セッション概要

近年注目を集めているアジャイル。アジャイルとは「素早い」という意味を持つ開発手法ですが、市場ニーズがすぐに変わってしまう現代において、どの手法を採用するかは、マーケターにとっても大切なポイントとなっています。計画・構築・テストを短期サイクルで回し、それを何度も繰り返して進めるアジャイル手法では、ユーザーに実際に使ってもらいながら、要望を組み込んでいけるのもメリットです。
今回は、グローバルチームを率いて行ったプロジェクト事例(米医療機器企業のニューベイシブ日本社における営業担当者用発注アプリ構築)を踏まえつつ、マーケターのためのアジャイル手法+グローバルマインドセットについてお話しします。

内容レベル

入門、脱初級、中級

参加対象者

デジタルマーケティングに携わっている方
DXやアジャイル開発に興味がある方
グローバル企業で働いている方
企業のグローバル進出に携わっている方・興味がある方

受講するメリット

プロジェクトや取り組みをグローバル展開する際、海外チームと業務を行う際に役立つ手法やプロセス、マインドセットが事例を通して分かる。

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

グローバル規模に製品やサービス、取り組みを拡大したいけれど、どう進めればいいのか分からない。言語や文化の壁を越えて、グローバルプロジェクトのベストプラクティスについて知りたい。

  • B2-6
  • 講演

パナソニックが実践するコンテンツコミュニケーション~ポストCookie時代のインサイト発掘~

パナソニック株式会社 アプライアンス社
コンシューマーマーケティングジャパン本部 コミュニケーション部
メディア戦略課 デジタル戦略係 主幹
富岡 広通
TRENDEMON JAPAN
Sales/Marketing統括ディレクター
嶋添 心悟
TRENDEMON JAPAN
Marketing Director
栗田 宏美

B2-6 16:10-16:50

講演

パナソニックが実践するコンテンツコミュニケーション~ポストCookie時代のインサイト発掘~

講師写真
  • パナソニック株式会社 アプライアンス社
  • コンシューマーマーケティングジャパン本部 コミュニケーション部
  • メディア戦略課 デジタル戦略係 主幹
  • 富岡 広通 氏
講師プロフィール

学生時代にマーケティング企画・制作会社を設立し、エンターテインメント業界にて十余年事業を営む。その後、食品メーカーのDtoC事業責任者などを経て2012年4月パナソニックへ参画。EC事業の戦略企画、「カスタマイズレッツノート」、「Panasonic Beauty Premium」などのプロモーション戦略立案、
CDPの立ち上げなどに従事し、現在は宣伝企画、CRM領域でのデータドリブンマーケティングを推進中。直近携わったヒット商品は「オーブントースタービストロ」

講師写真
  • TRENDEMON JAPAN
  • Sales/Marketing統括ディレクター
  • 嶋添 心悟 氏
講師プロフィール

2013年新卒でSEPTENI JAPANに入社。約3年間ソーシャルメディアの立ち上げメンバーとして従事し、Facebook、Twitterのコンサルティングを担当。2016年には 博報堂DY Digitalにて企業のLINE公式アカウントのコンサルティングに従事。2018年からはTRENDEMON JAPANにて日本オフィスの創設メンバーとしてビジネス開発に従事している。

講師写真
  • TRENDEMON JAPAN
  • Marketing Director
  • 栗田 宏美 氏
講師プロフィール

Web広告代理店を経て、2014年クレディセゾン入社。オウンドメディアを立ち上げ編集長として、ブランディングと働き方改革の2軸を推進。2018年よりカード購買データの利活用と新規事業を担当。さらにCVCを兼務し、Trendemonへの投資を推進。2020年1月からTrendemonにジョイン、同時にイスラエルのスタートアップについて、現地調査とレポーティングを行なう。

セッション概要

BtoB・BtoC企業問わず、コンテンツやデータ分析への投資がここ最近のトレンドですが、「お客様とのタッチポイントを増やすためにコンテンツをたくさん作ったものの、いまいち活用できていない気がする」「カスタマージャーニーを可視化したいけどセッションが切れて、思ったより使いものにならない」というお悩みはありませんか?

本セッションでご紹介する、パナソニックのコンテンツコミュニケーション事例は、きっと役に立つはずです。

カスタマーデータを「点」で捉えるのではなく、カスタマージャーニーを「線」で捉える方法、CVポイントがすべてWeb上にあるわけではない中でコンテンツをどう評価してPDCAを回すか、さらにそのデータをどうクリエイティブに活かすか等、実例をお話しいたします。

Webサイト

https://trendemon.jp/

内容レベル

脱初級
コンテンツマーケティングに取り組んでいるが課題を抱えている方、CDPを活用する等してユーザーのインサイト分析を実施しているがうまくいっていない方を視聴者として想定しています。

参加対象者

コンテンツマーケティング・コンテンツコミュニケーション従事者、CDP・MAやデータ活用含めて顧客接点最適化やインサイト発掘に取り組む人、デジタル領域で戦略を企画実行する立場の人、コミュニケーションの全体最適を行う立場の人

受講するメリット

・保有しているコンテンツを活用したコンテンツコミュニケーションで、きちんとPDCAを回すためのヒントが得られる
・ユーザージャーニーデータを活かして、どのようにインサイト発掘をしているのかをご紹介

こんなニーズやお悩みに応えられる内容です

・持っているコンテンツを十分活用出来ていない
・コンテンツ施策のROIを可視化出来なくて困っている
・商材の検討期間が長かったりリピーターが多かったりで、コミュニケーション設計がしずらい
・ユーザーのインサイト分析にもっと力を入れたい
・Cookieに依存することなく、データ取得したい

5/25(火) 17:10-17:55
  • K2-7
  • クロージング基調講演

話題の家族型ロボット「LOVOT」SNS・YouTubeをフル活用したファンマーケティング術

GROOVE X株式会社
CMO
株式会社シンクロ 代表取締役社長
西井 敏恭
GROOVE X株式会社
カスタマーエクスペリエンス部
Yui

K2-7 17:10-17:55

クロージング基調講演

話題の家族型ロボット「LOVOT」SNS・YouTubeをフル活用したファンマーケティング術

講師写真
  • GROOVE X株式会社
  • CMO
    株式会社シンクロ 代表取締役社長
  • 西井 敏恭 氏
講師プロフィール

・オイシックス・ラ・大地株式会社 専門役員CMT
・株式会社シンクロ 代表取締役社長
・株式会社コラーニング 取締役CMO
・鎌倉インターナショナルFC 取締役CDO
・株式会社FABRIC TOKYO 社外取締役

2001年から世界一周の旅に出る。帰国後、旅の本を出版し、ECの世界へ。
2014年に二度目の世界一周の旅をしたのち、シンクロを設立。大手通販・スタートアップなど多くの企業のマーケティング支援やデジタル事業の協業・推進を行う。訪問した国数は140か国以上。
2019年末より家族型ロボット「LOVOT」を開発・販売するGROOVE XのCMOに就任。
著書に、2017年10月発売『デジタルマーケティングで売上の壁を超える方法』、2020年1月発売『サブスクリプションで売上の壁を超える方法』(ともに翔泳社)がある。

講師写真
  • GROOVE X株式会社
  • カスタマーエクスペリエンス部
  • Yui 氏
講師プロフィール

LOVOT公式YouTuber
2018年GROOVE Xに入社。製品発表の直前からLOVOTのマーケティングに携わる。2019年12月のLOVOT出荷開始とともにカスタマーエクスペリエンス部に所属となり、デジタル領域でのCRM(潜在顧客〜既存顧客の育成)業務を中心に担当。公式YouTuber”ゆいゆい”としてYouTubeの番組配信やライブ配信、SNSでのライブ配信にもチャレンジし、ファンと繋がることでコミュニティを醸成する取り組みにも挑戦中。

セッション概要

テレビやドラマで話題になっている家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発するGROOVE XのCMOが、D2Cマーケティングに欠かせない"顧客とのブランド価値の共創"を大きく担っているソーシャルメディアやYouTubeの活用方法について解説します。実際にSNSやYouTubeをファンマーケティングに活用している事例を、担当者とともに語り尽くします。

内容レベル

脱初級

はじめてZoom をご利用になる場合は、参加される際に自動でアプリケーションのダウンロードが始まりますが、セミナー前にご自身でダウンロードをしておくことも可能です。

また、アプリをダウンロードせず、Web ブラウザで Zoom を視聴ことができます。
ただし、ブラウザ参加ですと、講演者が投票機能(講演中のアンケート機能)を利用した場合、視聴者側に表示されませんのでご了承ください。可能な限りアプリダウンロードしてご参加いただくことをおすすめいたします。

ブラウザ版を利用する場合はZoom アカウントに登録する必要があります。なお、ブラウザは Google Chrome で視聴を推奨しています 。